ラオス

2011年5月 7日 (土)

ラオス最大のミステリー2-2

サイト2を見た後、ランチを頂き向かった先はオールドシティ。

戦争で、壊れた建物が今でも当時のまま残ってるエリアへ行ってきました。
まずは、元お寺だった所。
町中にポツンとあって、しょぼいなぁ・・・と思ってしまった。

Cimg0856

柱と、仏像さんしか残ってない。
でも近づいていくと、悲惨な光景が・・・。

Cimg0858

Cimg0859

Cimg0860

銃でやられたのかな?
ぼろぼろにされても、ひっそりと微笑む仏像さんが痛々しかったdespair

次は、元病院へ。
Cimg0862

規模はそんなに広くはない。

Cimg0863

昔のタイルが残ってた。

Cimg0866

病院にまで爆弾を落とした兵隊さんは、どんな気持ちだったのだろう。

お次は、仏塔へ。

Cimg0870

この近くで、ラオスの2組のカップルらしき人たちがいました。

誰かのブログで、日本という安全な国に生まれたことよりも、安心な時代に生まれてきた事のほうがラッキーだと思うって言ってた。その言葉を、ふっと思い出しました。

そして、本日のメインとなるサイト1へ。
ここには、1番でかい壺と、規模が大きいことで外せないエリア。
そして、まさかこんな所で有名人に会うとは、この時私達は知らなかったのです。

サイト1の入口に着き、小高い丘の方へ歩いて行くと、サイト2・3とは比べ物にならない数の壺があるではないか。

Cimg0885

これが、1番でかい壺。
押してみたけど、びくともしません。

Cimg0877

そんなふざけたことをしていたら、カメラや虫取り網を持った日本人集団が来るではないか。その中の1人が、見たことある気がする・・・・と思ったら、

「あの人、「バカの壁」書いた養老 孟司(ようろう たけし)さんだよ」との一言が。

あたしはてっきり、釣りバカ日誌のスーさん役の人かと思ったよ・・・think
しかも、本人目の前にして「見たことあります!!」って、空気読めない発言しちゃったし、そして間違ってるし、ほんと壺の中に入りたい気持ちでした。

ちなみにスタッフの話によると、毎年、ラオスに昆虫を取りに来てるのだそうです。
東京大学名誉教授であり、専門は解剖学、中島みゆきと漫画が好きで、昆虫採集が趣味だそうです。(wikiより)

日本にいたら、絶対会えない雲の上の人に会いましたよ。
更には、昨日珍しい白いカマキリを発見し、その写真を見せたら、ただのカマキリだねって相手にされませんでしたcatface

撮影中。真ん中に居るのが養老先生です。
この日の映像は来年2月に、どこかのローカル番組で放送されるらしい。(←場所忘れた)

Cimg0887

と、こんなハプニング付きのジャール平原。
養老先生を意識しながら、観光に戻ります。

Cimg0899

マッシュルームと呼ばれる壺。蓋付き。

Cimg0905

「君は僕のタイプだ」と、告白してきたガイドのイーシーン。
手の位置がとっても微妙です。

Cimg0904

壺の合間を縫って、見晴らしのいいところへ。

Cimg0909

アジアとは思えない景色が広がってました。

Cimg1125

本日のメンバー。左から松崎さん、武士くん、私、篤人くん。

Cimg1087 

ただのカマキリと呼ばれた、白カマキリ。

187

とっても貴重な体験をさせていただきました。

今回のツアーですが、移動費・ランチ・ガイド付きで1日30ドル(約2500円)でした。
自力でも行けますが、保証はないのでお薦めはしません。
しかも、ルアンパバーンからシェンクワーンの道も、数年前まで「渡航の是非を検討してください」部類に入っていたので、ま、気をつけてね。

では、お次はお隣のベトナムに行きますよーrun

 

| | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

ラオス最大のミステリー2-1

シェンクワーン2日目。
本日は、いまだ解明されてない謎の壺を追います!!

今回のガイドは、初日いろいろ手配をしてくれたモン族のイーシーン、29歳です。
しかも、今回は日本人男性が一人加わって4人での行動となりました。

最初に向かったのは、案内所。
ここで、立ち入り許可をもらうらしい。

Cimg0796

門を過ぎると右側に、沢山の爆弾が・・・。

Cimg0797

Cimg0799

Cimg0800

これだけの爆弾が処理されても、まだまだ山の中には埋められてるらしい。

無事、許可をもらってサイト3と呼ばれるエリアに移動。
壺は、広範囲に広がってるので、このようにエリアごとでの観光となります。

車を走らせて行くと、入口に到着。
ガイドいわく、あの看板を読めという事で読んでみた。

Cimg0805

要は、白い範囲しか歩いてはいけないんだとさ。
赤い部分は、まだ撤去されてないから、いつ吹っ飛んでもおかしくないんだとさ。怖っshock

この看板をみた4人に広がる不安。
それに対し、後で行くから先に行っててというガイド。
無責任だよ、モン族さんよ。

取りあえず、道みたいなところを歩いてみたら看板に書かれていたものを発見。

Cimg0807

白側は歩いていいけど、赤側はダメです。
これが、ちょくちょく出てきます。

Cimg0808

そんなビビりながら、先を進めると見えてきた。

Cimg0812

Cimg0813

壺だらけ。

約3000年前のものだそう。
戦いに勝った軍が、ここで4カ月宴を開いてたため、その酒壺なのでは?という説や、米壺説もある。でも、一番の有力候補はお墓。人骨や、埋葬品らしきものをフランスの学者が発見したそうです。

ガイドいわく、数年後には世界遺産になるみたいだよと、教えてくれました。
なんでも、ユネスコの人たちが調査に来てるらしい。
Cimg0821 

ということで、中に入ってみた。壺の中からこんにちは。

Cimg0814

壺から生まれてみた。

Cimg0818

こんなこと、世界遺産になったら出来ないね。

サイト3を後にして、ロシア軍の戦車を見に行くことに。

Cimg0823

中は、草木が生えていた。

Cimg0825

なんか、ラピュタのロボット兵を思い出してしまいました。

お次はサイト2へ移動。

Cimg0828_2

Cimg0842

ここも壺だらけ。
なぜか、木の周りに集中して置かれてる。中に入れたものが腐敗しにくくする為かな?
中を覗くと雨水やごみが入ってたdespair

Cimg0833

登ってみた。サイト2はスリムでのっぽな壺が多い。

Cimg0834

岩手の有名な「石割桜」ならぬ、ラオスの「壺割木」を発見。
ちなみに、ガイドがこの木にまつわる良い話をしてくれたんだけど、私の語学力では解読不可能でした。分かったのは、木が女で、壺が男らしい。で、約束してたみたい。なんの約束かは分からない。気になる方は、是非ラオスへ行ってみよう!!

Cimg0836 

 

つづく。

| | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

ラオス最大のミステリー1

ルアンパバーンからバスで、約8時間。
向かった先はベトナムよりのシェンクワーンという田舎町。

ここでの目的は、ラオス最大のミステリーを見ること。
ちょうど、バスターミナルで客引きしてた人が良い人だったので、全ておまかせしてみました。

1日目、まず最初に向かった先はボムクレーター。
アメリカ軍が適当に爆弾を落とし、穴を開けたという、なんとも腹ただしい穴です。

167

1発でこんなになっちゃうんですね。
こっちの家一件分、軽く吹き飛ばされるくらいの大きさでした。

周りはのどかな景色が広がる、とってもすてきな場所。
そこに、不釣合な穴が沢山ありました。

今回のガイドさんは、モン族のクワン、22歳。
すごく、お茶目な面白い人でした。

彼いわく、この辺りはアメリカ軍が落としていった爆弾が沢山埋められてるとのこと。
数年前、バイクで観光していたオーストラリア人が、ガイドをつけずに脇道を走ったところ、地面に隠された爆弾によって死んだらしいです。怖っshock

ちなみに、穴が空けられたのは約40年位前。
クレーターの中には木や草も生えていて、自然の生命力の凄さを感じました。

293

次に向かったのは、ボムビレッジ。
ミサイルを再利用して暮らしている村に行きます。

建物の柱がミサイル。
今日は、学校が休みらしく子供たちばかりいました。
親や、大きめの子供たちは畑に行ってるそうです。
434

子供たちが書いた絵。
自然の落書き帳があるってすばらしい。

441

子供たちの写真を撮って見せたら、興味津々で集まってきました。
顔には泥んこついてたり、口いっぱいにバナナをほお張ってたりと、子供らしくて可愛かったです。

438_2

これが、この村の1番の見どころ。
ミサイルで作った壁。
一個があたしの身長(152センチ)よりも大きいのにびっくりwobbly

445

村を出てランチを食べ向かった先は、アメリカ軍がミサイルをぶち込んだという洞窟。
写真に移ってる人は、その洞窟から一人ずつ負傷者を助けた英雄らしい。

449 

洞窟に行く前に、当時の写真が飾られている建物に入りました。
結果、気持ち悪くなった。
初めて見たよ。人間の内臓が飛び出てる写真。
あんなに大きくて、赤あかとした生の内臓。日本だったら、絶対展示NGでしょう。

気持ちを変えて階段をのぼり、着いた洞窟。

177

175
なぜ、米軍はここにミサイルを打ち込んだのかという質問に対し、クワンいわく、ここに兵士が沢山潜んでるという噂があったからなのだと言ってた。

確かに、戦える人間を殺した方が報復させやすいだろうな。でも、やっぱり同じ人間としてひどすぎると思いました。

186

悲しい話をしたあとは、テンションの上がる話を!!
本日のメインイベント、温泉に向かいます。

大きいところと小さいところがあって、どっちにするか訪ねられたので、即答で大きい方と答えました。
車から降りて、森の中に入っていくと見えてきた。
197

でも、どこから入浴すればいいんだ?

クワンに訪ねたら、ここは入れないよ。見るだけ。
あっちに、シャワールームがあるよ。

えぇぇぇ!?poutいくら、温泉が出るからといってシャワーは嫌だと、日本人3人がモン族に反論したところ、小さい方に連れていってくれました。

200

右側の岩で仕切られたところが入浴場所です。

キレイとは言いがたいお湯の中に浸かります。
源泉は熱いので、川の水で薄めます。

クワンからしてみれば、なんでこんな汚い所に入るんだ?と、不思議な顔で見つめられながらの入浴タイム。
川のせせらぎと、虫の鳴き声と、夏らしい入道雲を見ながら、のんびり温泉を堪能しました。

あ〜気持ち良かったhappy01

| | トラックバック (0)

パークウー洞窟

記事の順番がおかしいけど、ま、いいか。
ルアンパバーンでの観光でもう一つ。パークウー洞窟にも行きました。

時間がなかったためスピードボートを一隻チャーターしていきました。
215

途中、水上ガソリンスタンドで給油します。

220

最初、すごく遅くて騙されたんじゃthinkと思いましたが、途中から乗り換えてハイスピードボートに切り替わりました。

226

40分くらいかな?
ハイスピードでいくと、ぽっかり口を開けた洞窟が。
227

意外と大きくて、ワクワクhappy01
入場料2万キープ(200円)払って中に入ります。

228

231

16世紀に一人の王様が、ここに仏像を安置したのがきっかけで、次々と巡礼者が仏像を納めていったそうです。
その数、最高で3万7000体wobbly。革命時に盗難が起こり、現在は2500体しか残ってないんだとか。

242

234

小さいおじさんみっけeye

244

この洞窟を出て、右側にある階段を上って行くと、もう一つの洞窟がありました。中は真暗なので、懐中電灯をわすれずに持っていってください。

249

ここにも、仏像がありました。

250

洞窟の向かいには、綺麗な景色が。癒されます。

230

帰りもハイスピードボートで帰ります。
途中ジャンプするので、かなりスリルがあります。
洞窟よりもこっちのほうが面白かったです。

258

| | トラックバック (0)

滝で泳ごうinルアンパバーン

ルアンパバーンでは沢山の日本人と遭遇しました。
しかも、どこかしらで繋がってるたり、同じ場所で何回も会ったりと、運命を感じました。

そんな日本人たちと行った、クアンシーの滝。
トゥクトゥクで1時間くらい走ります。

到着して最初に向かったのが、熊園。

345

なんともかわいい看板。

歩いていくと、小熊がいました。
348

近くにはこんなものも。

347

この使い方は合ってるんでしょうか?

熊園があまりにもしょぼかったので、そそくさと湖のほうへ移動しました。

びっくりするくらい、エメラルドグリーンの湖。
中国の九賽溝に似てる。(←行った事ないけど)

374_2

387

泳げるポイントがあるので、みんな思い思いに楽しみます。

その中でも、ターザンと滝からのダイブがおすすめ。
393

ぶら下がってる紐を使って、湖に飛び込みます。
私もやりましたが、手を離す瞬間を躊躇してると、痛い目に合います。
現地の方は綺麗なフォームで飛び込むので、見ていて気持ちがいいです。

ターザンで3mくらいかな?
滝だと5mはあるかと思います。

滝からのダイブもしましたが、水面と平行に落ちてしまったため胸を思い切りぶつけました。しかも、翌日、体中があざだらけ。筋肉痛よりもひどい状態になりました。

ただ、ここで自分泳げることが判明。
必死だったからなのかわからないけど、泳げたscissors人間、やればできるものです。

存分に飛び込んだ後、メインのクアンシーの滝へ移動しました。

410

マイナスイオンが効きすぎて寒いです。
途中、雨も降るし。

今回、一緒に行ったメンバー。

左上から、カメラに詳しいタカフミ君、九州男児オバラ君、こちらも九州男児アツト君、博学なタケシ君、モデルみたいな体系のチハルさん、わたし、頼りがいのあるヒロユキ兄さん。

とっても、充実した観光ができました。ありがとうhappy01
424

| | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

世界遺産の町 ルアンパバーンで托鉢体験

本当は、バンビエンからシェンクワーンに行く予定でしたが、一緒に壷を見る予定だった仲間、とっちーが体調不良のため寝込んでると聞き、予定変更してルアンパバーンに移動しました。

とっちーとは、スコータイで宿が一緒だった女の子。
一足先に看病していた武士くんと私で、とっちーの介護生活がスタート。とりあえず、ポカリと乾燥豚汁と、薬を提供しました。

ここでは、スコータイで会った人と全員、再会することができました。
左から熱さまシートを貼るとっちー、武士くん、篤人くん。
207

無事、再会を果たせてよかったhappy01

この他にも、無理やり部屋をシェアしてくれた、中野さんともラオスビールを飲みましたbeer

173

しかも、この旅で1番食べたかったマンゴスチンを手に入れることに成功!!

204

手でぱかっと開けれます。
中は、白い綿みたいな感じ。

198

ふわっとした食感で、甘みとほんの少し酸味がありました。
日本じゃ絶対に食べれない一品。さすが、果物の女王と呼ばれるだけあって、貴品あふれるお味でした。

ちなみに、果物の王様ドリアンもバンコクで食べましたが、あれはダメだねpout
口に入れたときが一番臭い。宿にいる人と食べまわししましたが、皆、うーんgawkっていう感じでした。

とっちーは、プーケットで人と会う約束があったので、今回の壺は一緒に行けなくなりました。残念crying

朝早くとっちーが旅立つということもあって、ルアンパバーンでのお楽しみ、托鉢を見に行くことに。

まだ朝の5時半です。薄暗い中から、お坊さんが街中を練り歩きます。

273

こうやって、食べ物やお金をお坊さんにあげます。
日本にはない考え、喜捨。
この場合、もらったお坊さんよりも、物をあげた女性のほうが感謝しなければいけません。
ま、ちょっと色んな意味合いがあるので、興味のある方は調べてください。

この後、メイン通りに場所を変えて、私も喜捨体験をしてみました。
294

物売りから、お菓子やご飯を買います。
291

そして、スタンバイしてたお坊さんたちがやってきました。

302

313

315

最後にやってきた子坊さん。
食べ物を入れる器が重そうで、かわいかった。

340

実際にやってみましたが、お菓子だとすぐなくなってしまうので、ご飯が一番長くやるにはいいかなと思います。

| | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

バンビエンでチューブくだり

浦沢直樹の漫画で、色々考えさせられた後、3時間ほどでやってきたバンビエン。
ここでの目的は、地球の歩き方にも書いてある、グダグダのチューブくだり。

とりあえず、受付を探したところ見つからなかったので、ツアーに参加してみました。
英語がわからない私。とりあえず、川をプカプカ流れればいいやと思って申し込んでみました。

無事に申し込みを終え街中を歩いていたら、バスで一緒だった日本人兼アメリカ在住のエンドウさんと、スペイン人のエリックさんに遭遇。
英語7割、スペイン語2割、日本語1割で会話が進みました。
久しぶりに聞く、スペイン語。
破裂音が多いので、とてもかわいくて大好きな言語です。

ラオスでも有名なラオビールと、ラオスの名物料理、ラーブをご馳走になりました。

ご飯をご馳走になり、空を見上げたら熱気球が飛んでました。

Cimg0435

翌日、時間通りにツアー会社に行き、目的の場所へ。
最初は、洞窟探検でした。

みんな、この黒い浮き輪に乗せられて、奥の少し口が開いているところに吸い込まれていきます。

Cimg0456

洞窟内は、ロープが張り巡らされているので、自分の腕力で移動する羽目になります。
一応、電灯をくれるけど時々消えるので、要注意。

中は少しだけ鍾乳洞みたいなのが見えるだけで、何もなかった。
しかも、所々水位が低いので、歩いたほうが早かったりします。
そして、腕が疲れます。

若干、洞窟内で迷子になりながら無事帰還。
お昼は、ラオスのBBQを頂きましたrestaurant

Cimg0459

このあと、場所を移動して洞窟内にある仏像さんを見に行くことに。

Cimg0461 

靴を脱いで上がります。
ここには、象さんの形をした鍾乳洞がありました。
わかるかな!?真ん中にあるやつがそうです。

Cimg0462

でかい仏像さんや、妊娠7ヶ月のインドの神様がいました。

Cimg0464

Cimg0463

Cimg0465

色々説明されたけど、わからなかったよ。

洞窟を終えて、向かった先はメインイベントの川。
てっきり、ここも浮き輪に乗せられるのかと思いきや、カヤックに乗ることが判明。

カヤックもやったことがなければ、泳げない私。
なので、救命器具を借りました。
そして、現地のガイドサポーターとペアを組むことに。

・・・はい、ここでは写真を撮ってません。というより、撮ってる暇がないくらい面白かったんですcatfaceごめんなさいね。

両端に、BARがあるので欧米人たちは、酒を飲んで踊ってました。
右側に見えるのがターザンジャンプするための台。
Cimg0466

時々、このように人が流れていきます。

Cimg0470

そんなに流れが速くないので、4時間くらい流されるらしい。良かった、カヤックで。

この休憩タイムに、ガイドの人とお話を色々しました。
やはり、東北で起きた地震の話になって、大丈夫か?と心配されたりしました。
そうそう、今回の旅でよく聞く日本語、それは「ツナミ」。
今回のツアーでもいろんな外人さんたちが、日本のことを心配していて、なんか嬉しかったですconfident

休憩もおわり、またまたカヤックでゴール地点まで行きます。

バンビエンの景色は、ドラゴンボールの世界に似てるって書いてたけど、全く感じなかった。むしろ、中国と南米を足した感じだと思う。

大自然に癒されながら、あっという間にゴール。

Cimg0471

こんな感じで、漕いでました。

翌日、一段と体が黒くなり、腕が筋肉痛になったのは言うまでもありませんshock

| | トラックバック (0)

18カ国目 ラオス

すっかり遅くなりました。

もう10日前くらいになりますが、ラオスに入ってます。
ただいま、シェンクワーンというところにいます。

ではでは、ブログの続きを書いていかなければgawk

タイとの国境ノーンカイを越えて、ラオスの国境の町ビエンチャンに行きました。

Cimg0379

バスで約1時間半位かな?
とってもスムーズにラオスに入れました。
タイとラオスは殆どが川を越えての国境越えとなります。

Cimg0387

これが有名なメコン川。
右がタイ、左がラオスです。

ビエンチャンでお目当ての宿にチェックインすると、なんとそこには浦沢直樹のMONSTERという漫画があるではないかlovely

まだ読んだことがなかったので、2日間かけて読み倒しました。
なので、観光してないです。

唯一、行ったのはノーンカイでも見た変な寺?

実は、ここラオスにもあるんです。
ただし、規模は小さいしラオスはガソリン代が高い。その上、そのお寺に行くのにトゥクトゥクで40分くらい片道かかります。

一応、写真だけ。

Cimg0396

メインの建物。口からお邪魔します。

Cimg0398

中にも変なものがいっぱい。

Cimg0426

上からの景色。ノーンカイはこの3倍くらいの敷地面積です。

Cimg0428 

下に下りて、ノーンカイにもあったのがちらほら。

Cimg0399

結構、大きいんです。

Cimg0404

また変なの食ってるし。

Cimg0419

運動会で、こんなのやったことあります。

Cimg0411

妊娠7ヶ月目。
っていうのは嘘で、インドの神様らしい。

Cimg0410

お前が取ったんだろ~。
いや、お前が取ったんだろう。

Cimg0403

引田天巧ばりのイリュージョン。

Cimg0405 

やっぱりお前が取ったんだろう。

Cimg0415

ちょっと浮気でもしてくっかな。

Cimg0420

と、ここでも訳わからんやつがいっぱいです。

興味のある方は、ビエンチャンのブッダパークで、彼らがお待ちしております。
ちなみに、作った方はノーンカイでもおなじみの ルアン・プーさん。

   Cimg0354

この人の脳内メーカーが見てみたいです。

| | トラックバック (0)