アメリカ

2009年8月13日 (木)

phoenix1

只今、フェニックスにいます。

ボゴタの空港で今まで旅してきた、あつ君を見送りルート変更をかけにアメリカン航空のオフィスへ。

今までも、2回ほど日時の変更をしてましたが、一時日本に帰国するのもあって最初立てた計画で回るのはちょっと窮屈になってしまい、思いきってルートごと変えようと思いました。

しかし、いざオフィスに行ってみるとアメリカ出国のチケットの日時が前のままになってて、これじゃあ変更出来ないと言われ、頭真っ白。

ネット屋でJALのホームページを開いて、これからのフライト日程を確認したけど、こっちはちゃんとなってるし・・・。
何がどうなってんの?これじゃあ、アメリカから動けないじゃん!!と、本気でパニクってしまいました。
電話をかけても日本時間で終了してるし、1人茫然自失です。

チェックインの時間が迫ってきてカウンターに行くと、今度はアメリカ出国のチケットがないのはなんで?と責められ、1人で旅してるのか?とか、何しに行くんだとか?の疑われっぷり・・・。

知ってる単語を並べても、通じず結局1時間半も拘束されました。スタッフの方も面倒になったのか、仕方なくチケットを出してくれ、なんとか搭乗成功。

ただ、荷物チェックも凄い厳重で服の上から身体検査され、何かあったのか?

よく分からないまま、コスタリカのサンホセへ。
ここはトランジットと言って、飛行機を乗り換える(荷物も勝手に乗り換えしてくれる)だけだったのですが、ここでも機内持ち込みの荷物を厳重にチェック。靴の中もチェックされ、重さも左右一緒か調べられるという、徹底ぶりでした。
おかげで水とライター取られました。今までは大丈夫だったのに…。グスン。

そして夜中にマイアミ着。また何かあるんじゃないか…と覚悟してたけど、あっさり入国できました。

5時間ほど待って、違う航空カウンターに行きチェックインをすんなり終え、次はシャーロットへ。

ここも、トランジットだったのでベーグルを食べて待ってました。というのも、あつ君に聞いてた通りアメリカは軽食とアルコールはお金を払わないと食べれなかったのです。

そしてようやく、フェニックスへ。

インフォメーションでアメリカ航空のカウンターの場所を聞き、隣のターミナルへ。
フェニックスの空港はターミナル2、3、4と3つもあるのです。

外に出ると、暑い…。

ベネズエラのようなジリジリという暑さとは反対の、まったりと重たい暑さ。
夏に炎天下の中、車を放置し扉をあけたら、こもったような暑さといえば分かるかしら?あんな感じです。
シャトルバスで、カウンターまでいき、再度ルート変更をお願いしたら、やはり出来ずしきりにJALに電話しろとの指示。
スタッフのおばちゃんが気を利かせて、国際のアメリカ航空のテレフォンサービスに電話し、日本語を話せる人をだしてくれ、ようやく謎が解けました。

何やら、JALの方でロックをかけてるらしく、同じワンワールドグループでも、操作が出来ないとのこと。JALに電話して、解除してもらい再発行をかけないと、ルート変更は出来ないと言うことらしい。
24時間サービスが受けれるJALの電話番号を教えてもらい、早速電話しました。
そしたら、以前電話で日時変更してくれた人が出てくれました。
変更するルートの日程を伝えると、更にこの日程でちゃんと行けるか調べ、取り消し料がどのくらいかかるか調べるから時間がかかると言われ、只今返信待ちです。

正直、世界一周航空券使いづらい…。

ほとんどの人が、計画通りにいかず何度も予定変更し、最後は捨てるということを、日本を出てから教えられました。

短期間で行くなら、使いやすいのだろうけど、1年は微妙に長くて、結果皺しわ寄せがくるようです。

もう次は絶対使わない。
と、心に決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

phoenix2

文章だけですみません…。

ちょっと暇なので携帯から送ってます。

ここフェニックスの空港は、全てWi-Fiがてんでおりネット屋さんがありません。意外とハイテクです。でも、パソコンを持ってない私には使いづらい…。

JALからの返信を待つ間、ページという村にどうやって行くか調査していました。

その結果、3つの行き方を教えられました。
①1日2便出てる飛行機で飛ぶ。
②レンタカーで、6時間かけて行く。
③フラッグスタッフまでバスで3時間かけて行き、そこからレンタカー借りて3時間かけて行く。

この方法しかないようです。
JALの人から、結果が出るのは数時間〜翌日くらいまでかかります。と、アバウトな答えをもらい、ホテルを探そうか悩みました。空港のインフォメーションの人にこの辺りの相場を聞くと60〜70ドル(送迎付)と言われ、えっ?と後ずさり…。

とてもじゃないけど、払えません。

どうせ、1日だけだろうと思い空港で寝泊まりすることに決定。
すると、インフォメーションのおじさんがなんか色々やってくれ、結果比較的人通りが多い所に連れてってくれました。

この色々やってくれたと書きましたが、なんか最初通訳の人を通して提案されたのは、日本人を受け入れてくれるホストファミリーを紹介するとか、(あまりにも恵まれない子に見えたのか)ご飯を食べるくらいのお金はあげるからと言われ、挙げ句の果てに奥の部屋に通され、重役っぽい人に会わされたりとかされてました。

長くてすみません。
その重役さんに連れられて何が食べたいんだ?と、言われましたが、さすがに申し訳なくて、お金は丁重にお断りしました。

そして一晩空港で寝ましたが、翌日あまりにもJALから返信が来なくて問い合わせしたところ、まだ取り消し料がいくらかかるのか返答が来ないんですと、いわれました。更には、3日ほどかかる場合もあるますと言われ、さすがにこれ以上待てなかったので、ページ行きの航空券を買うことに。

しかし、高かったよ…。

たかだか片道1時間のフライトなのに往復で433ドルだなんて。

来週だともっと安くなるそうですが、時間がない。
泣く泣くカードを切りました。チーン。

そして未だに返信も来ず、今夜も空港にお世話になりたいと思います。

もう、3日連続です。
マイアミでも、少し世話になり、フェニックスでは2日も世話になるとは…。

これじゃあ、映画ターミナルとかぶるじゃないか!?
でも、案外過ごしやすいです。冷房も聞いてるし食べ物にも困らないし、固い長椅子もあるし、何人か同じように寝泊まりする人もいるので、あまり困りません。

JALの人に聞いた所、新しいルートが通れば、(仮予約は出来てるから多分大丈夫らしい…)アメリカ航空のカウンターにはお金を払って再発券するだけだから、そんなに時間はかからないので、ページに行ってもいいよと言われたので、明日お昼の便でページに飛びます。

ようやく前に進める。

そして、THE WAVEに入れるチャンスは5回!!

入れるといいなぁ…。でも、ここ最近不吉な出来事が続いてるので、怪しいですが…。

ま、やれるだけやってダメなら諦めます。
人生には、諦める事も大事な要素だと、ようやく最近気づきました。

それでは、長々と解りづらい説明を見て頂き有り難うございました。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

lower antelope

nihonngo,kakemasen.

nanode,syasinn-dake.

kijiha,atode

Akiko_382

Akiko_389

Akiko_390

Akiko_391

Akiko_401

Akiko_455

Akiko_407

Akiko_405

owari.

ikitemasu.

ansin-sitekudasai.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

THE WAVE

ikemasita!!

kijiha,atode.

Akiko_008

Akiko_015

Akiko_016

Akiko_020

Akiko_026

Akiko_055

Akiko_056

owari.

21niti,supein-ni-ikimasu.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

日本語書けるところ発見しました。

日本語書けるところ発見しました。
これでブログ書けます。

雨が降っていたけど何とか落ちずにページに着きました。
途中すごい揺れて怖かったけど。

上空からグランドキャニオン、モニュメントバレーらしきものが見れました。
雨のおかげで、ページは涼しかったです。

町中のモーテルに宿泊させてもらいレンタカーを借りに行きました。
本当は、国際免許と日本の免許が必要なはずなんだけど、国際のみで借りれることに成功。
というのも、あぶないからと言って出発前日に母親に日本の免許証取られました。

でも、ビビりな私。
日中、人が多かったので歩いて街を散策です。

途中、博物館を発見。

Akiko_377

中にはちょっとした土産物と観光案内をしていました。

THAWAVEまでの道を聞くと、ここは難しいわよと言われました。

まずは、抽選会場までの道の説明が雑過ぎ。
ハイウェイ89を西に30マイルほど行き、南側にあるBLMレンジャーステーションの看板を見つけてください。そこを入ってくとあります。

こんな感じの説明だけです。
こんなんで、分かるか〜(怒)

目印は、赤屋根の平屋のようです。

そして、THEWAVEはどこにあるのか聞くと、抽選に当たった人のみが場所を聞けるから、詳細は分からないとの事。
たしか、抽選会場の近くよと言われました。

その他にスーパーの場所とネットの場所などを聞いてこの日は、早々と就寝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THA WAVE抽選会場

翌朝6時に出発。
抽選会場までは30分から1時間で行けますが、ここで落とし穴が。

ページはアリゾナ州にあり、抽選会場はユタ州にあります。
ここで1時間の時差が発生。
これで、よく失敗するようです。

なので、6時に出てもユタはもう7時。
だれも、いないハイウェイを走ること1時間。
見つけれない。

途中BIG WATERと呼ばれる地域を通るのですが、そこで聞込みしなんとか5分前に抽選会場に着きました。
危ない危ない。

名前と住所と電話番号と車の車種などを書いて、いよいよ抽選です。

Akiko_363_2

名前と国を呼ばれた後番号をいわれます。
私は12番。
高校の出席番号と一緒でした。

この日は、12グループ30人以上の人が抽選を受けました。
初め、5人グループが当選。
次に3人グループが当選。
最後に2人グループが当選され、10分で抽選終了です。
あっけなかったな。

2人グループは老夫婦の人で、奥さん泣いてました。
それほど、価値があるんですよ、この場所。
受かった人は残って、説明を聞きます。

ページに戻る途中、グレンキャニオンダムに立ち寄りました。

Akiko_370

でかすぎて、写真に入りません。

Akiko_371

夏休みなのか、日本人の家族連れがいました。

そのあと、アンテロープキャニオンヘ。
Akiko_489

アンテロープキャニオンはアッパーとロウアーの2つがあります。
アッパーはツアーじゃないと入れません。
ロウアーは個人で行けます。

ちなみに入場料20ドル。
その他に、この辺りはナバホと呼ばれる先住民が住んでいるので、その人たちに6ドル払います。
合計26ドルです。

名前の通りロウアーは下にあります。
なので、地面に入っていくような感じです。
岩の切れ目から入っていくと幻想的な世界が待ってました。

Akiko_394

ものすごく滑らかです。
これは、鉄砲水とよばれるもので削られてこのような形になりました。Akiko_389

ナバホの言葉で「水が岩を流れる場所」とよばれるこのアンテロープ。
ここは、昔渓谷だったそうです。

Akiko_406

Akiko_410

Akiko_460

中には、いくつかはしごがありドンドン下っていきます。
ちなみに、場所ですがページからハイウェイ98を東側に行ったところにあります。
時間でいうと20分でつきます。
私も、迷わず行けました。

大体1時間ほどで見て回れます。
写真が得意でない私でも、プロみたいな写真が撮れるので気持ちいいです。Akiko_472

帰ってきたら、車内で大変なことが起きてました。
バナナ、自然発火です。

恐るべし、自然の脅威。

Akiko_487

 

そしてこの日、友達がお守りとしてくれたブレスレットが壊れました。
これは、何かあるなと直感が働きました。

そして、この日も早々と就寝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE WAVE当選しました。

抽選会場の場所も分かったので、今日は7時にページ出発です。
昼夜の差が激しいせいか、朝だるいです。
でも、今日はなんか当たりそうな予感がしてたので行ってみることに。

私を含めアジア人が5人いました。
NYに住む夫婦と台湾から来ていた男性2人組。
この日は13グループ25人ほどいました。

9時ぴったりに抽選が始まります。
初め3人グループ当選。
次にNYの夫婦当選。
次に2人グループ当選。
次も2人グループ当選。

この時点で、残りの枠が1人になり、今日1人で参加していたのは私だけでした。
次に当たったグループが棄権していけば、間違いなく私が当選になります。
が、なんと次に当選されたのは私で、THEWAVEの入場券ゲットです。

そして説明がされます。

もらった地図。
抽選会場から、トレイル入り口までの地図です。

Akiko_079_2

THEWAVEまでの地図。

Akiko_080

途中途中の写真地図。
こんなのが、6枚あります。

Akiko_084

噂で聞いてた通り、地図は大雑把なものと6枚の写真のみ。
これを頼りにして行けとのことです。

こんなんで分かるか〜(怒)

入り口は、抽選会場から10分ほどハイウェイを走り、そこからは舗装されてない道を8マイル走るようです。
ところで、1マイル何キロなんですかね?
1マイル1分で行けるのは分かったのですが、km単位に直してほしいものです。

説明が終わり、NY夫婦が一緒に行こうと声をかけてくれました。
そして、場所を確認しに行きました。

ハイウェイ89を更に進むとこのような看板が右手に見えます。
これを過ぎたところを入っていきます。
その入り口が、かなり見つけづらいです。

Akiko_072

ハイウェイから、じゃり道へ。
慎重に運転していきます。

Akiko_513

4躯を借りた方がいいとの情報を聞いてましたが、気をつけて走れば普通の乗用車でも全然いけます。
私が借りたのは、年代物のオンボロカーでしたが、パンクもなく無事に行けました。

駐車場到着です。

Akiko_519

Akiko_518

そしてこの後、バックスキンと呼ばれる所を散策することに。
目的地は、何やら川があるようです。
インディージョーンズみたいな気分で歩いていきます。

Akiko_521

途中、大きな岩を降りていきます。
なかなか、冒険心をくすぐられます。

歩くこと、30分ほどしてこの様な開けた場所につきます。

Akiko_527

更に、奥に進むとなんと大きな沼地があり残念ながらそこで終了。
ちなみに川までは、駐車場から11マイルも離れたところにあるようです。

欧米人の間では知られている場所なのかな?
何組か遭遇しました。

そして、この日は翌朝早いこともあって抽選会場の近くのキャンプ場に車内泊しました。
トイレとシャワールームも離れにあるので不便はないです。
この日の夜空は満点の星で輝いてました。

さて、明日はどんな世界が待ってるのやら、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THEWAVE当日

ユタ時間6時半にキャンプ場を出発。
道も分かったのですいすい行けます。

トイレで用を済ませ、いざトレイル開始。
初め、じゃり道を歩くとコヨーテビュートトレイルと書かれた目印が見えます。
そこを上っていくと名前を書く場所にたどり着きます。

Akiko_001

始まりの時間と書きます。
トレイル終了後、また戻ってきた時間を記入し、遭難してないか確認するようです。

使えない地図と方角と、前の人が歩いた足跡だけが頼りです。
岩場のところにつくと、こんな目印が。

Akiko_006

足跡がつけれないので、今度はこのマークを頼りにしていきます。
5枚目の写真にWASHと書かれた場所があるのですが、私たちは最初これだと思ってました。

Akiko_012

洗濯板みたいじゃないですか?
でも実際のWASHはただの砂地でした。

休み休み行くと最後の難関が。
砂の丘です。

別名、心臓破りの坂と言われてるようです。

これが、足を取られて進まない。
砂もかなり細かい&深いですので靴の中に否応なしに入ってきます。
そして、無事到着。

Akiko_019

おもわず、ガッツポーズしてしまいました。

Akiko_023

近くでさわってみると意外ともろいんです。
ツメで簡単に削れます。
以前はベッドと呼ばれるポイントがあったのですが、崩れてなくなってしまったという噂を聞きました。
一応探したけど、見つかりません。
寝転がりたかったのにな。

Akiko_024

Akiko_025

Akiko_030

それと思ったより小さいです。
というのは、きれいにウェーブになってる場所が一部分なんです。
それが、ちょっと残念かな?
でも、やっぱり実際に見ると面白い。

あと、水3リットル必要らしいと聞いていたので持っていきましたが、正直そんなに要らないです。
朝早くに上ったからかもしれませんが1、5でも余る感じでした。

最後に、一緒に上ったアリスとヘリョンです。
アリスにはインディアンの血が混じってるらしく、おかげで1回の抽選で来れたわと、言ってました。Dscf3060

やはり、呼ばれてたんですかね?

旦那さんも、チャレンジャーな人でとてもいい人達に恵まれて上ることが出来ました。

ぜひ、これを見て行きたい方行ってみてください。
詳細のほう教えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランドキャニオン

レンタカー代がもったいないので、翌日グランドキャニオンに行ってみました。
ページから2時間半のドライブです。

SOUTH89を走ること15分。
ちょっと、寄り道します。

ホースシューベントと呼ばれる所に到着です。

Dscf3100

ここから、結構歩きます。
ここでも、日本人観光客と何人か会いました。

しかも、暑いし昨日に引き続き砂地です。
汗をかきながら到着。

Dscf3103

高さ500メートルあるそうです。
実際は、かなりでかい。
見応えたっぷりです。

ここは、手すりとかがないのでちょっと危険ですが、崖っぷちから見ることを勧めます。

そして、ハイウェイをラジオを聞きながら飛ばしていき、到着です。
グランドキャニオンはノースリムとサウスリムの2つのビューポイントがあります。
2つとも入れる入場券が25ドルです。
ちなみに、1週間の期限付。

Dscf3145

しょうじき、別に見なくても良いかなと思っていた場所なので期待していきませんでした。

案の定、ただでかいだけ。
申し訳ないけど、有名な割にはふーんって感じ。

ただ、昨日フラッグスッタフで火事があったらしく、その影響もあってかくすんで見えるんです。

どうしても、フラッグスタッフやラスベガスの方で火災があると風に乗って煙が来るようです。

この近くの山でも、火災があって煙が出てました。
たぶん、自然発火でしょう。

Dscf3135

Dscf3129

こうやって、グランドキャニオンを眺めながらティータイムです。

Dscf3139

多分、朝日の時間帯がキレイそう。
サウスリムは、ここから更に南下したところにあるので今回は行きませんでした。
というのも、翌日行ってみたい場所が北の方にあるので、またまた車を走らせます。

そして、2度目の車中泊。
この日も、きれいな星空です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブライスキャニオン

朝の4時に出発です。
暗い中を恐る恐る走っていきます。

ページからNORTH89を走ること3時間半。
朝日が、上り出したところに到着です。

Dscf3151

このブライスキャニオンは中が広いです。
シャトルバスも走ってます。

昨日グランドキャニオンに行く前にトイレ休憩したところで、たまたまとある写真を発見。
アメリカで見たかった一つ、ブリュッスルコーンパインという機の写真がありました。
まさか、ブライスキャニオンあるとは思ってなかったので感激です。

Dscf3187

朝早かったので空気が澄んでます。
気持ちのいい散歩をしていると、一番奥にたたずんでいました。

生長している木をリビングツリー、枯れてはいるが立っている木はデッドツリー、枯れて倒れてしまった木はデッドウッドと、呼ぶそうです。

Dscf3171

Dscf3168

Dscf3166

世界で最も長命の樹と知られるこのブリュッスルコーンパイン。
日本でも、屋久島にあるきが7200年ほどだそうですが、これは憶測の数字らしく、現在確実な最高樹齢はカリフォルニアにあるメスーゼラ(長寿の女神という意味)だそうです。樹齢は4700年です。

本当は、それを見たかったのですがどれがその樹なのかは教えてくれないそうです。
教えてしまうと、写真を撮りにさっ到し環境が壊れてしまうからという理由だそうです。

過酷な乾燥地帯に生えるため、自分の一部分を枯らしながら育つこの樹。
ブリュッスルコーンパインと呼ばれるわけは、松ぼっくりがパイナップルの形にそっくりだからだそうです。

残念ながら、それは見ることはできなかったけど、いやぁ会えてよかった。
まさに、生命力という言葉がピッタリの樹でした。

そして、ビューポイントを探していると、こんな落とし物が。
パンツ。
なぜ、こんな所にパンツが?

自然の不思議ですな。

Dscf3204

そして、こんな可愛い動物にも会いました。
そんなに、お口いっぱいいれて、のどに詰まらんのかね?

Dscf3218

そして、ようやく私が見たかった景色に会えました。
数あるビューポイントの中でも最もキレイな、サンセットポイントです。

Dscf3229

嬉しいことに、この中トレイル出来るんです。
早速行ってみましょう。

Dscf3236

空が、青い。
しかも、ひこうき雲も見えました。

ここは、写真の撮りがいがあります。

Dscf3243

Dscf3263

Dscf3270

Dscf3277

Dscf3293

Dscf3305

ビジターセンターの中に、どうやって出来たか模型が展示されてました。

Dscf3322

それと、冬の時期がオススメです。
粉砂糖がまぶしたみたいで美味しそうです。Dscf3332

そして、また3時間半かけて今日、明日リッチに高いホテルに泊まります。
久しぶりに、リンスを使ったので髪の毛サラサラです。
いつもは、荷物の関係でリンスインシャンプーなんで。

そして、レンタカーともこの日でお別れ。
何事もなくて良かったです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)