アルゼンチン

2009年6月 8日 (月)

ブラジルへ

明日、ブラジルに旅立ちます。
といっても、夜の22時くらいですが・・・

今日は、オーナーのハジメさんと昨夜泊まった(名前がわかりませんが)2人の男性と一緒に、日本食祭りへ。

ちょっと、残念なことに次の方が待っているようなので写真は後で掲載します。

ここで、焼き鳥から始まり、お好み焼き、やきそば、すき焼きと平らげてしまいました。
はい、最近過食気味ですpig

その後、2人をバスターミナルまで送り、更にお祭りで会った人達をホテルまで送ったりしました。

お次は、この宿に来る途中に見た遊園地へ。
観覧車・・・と言っても日本のような観覧車ではなく、ちょっと怖い思いをする観覧車に1人で乗ってました。
ハジメさんは下で写真など撮ってくれてました。
(後で見るとバカ面でしたが)

その次は、逆さにひっくり返るやつで、さすがに2人で(ハジメさんは嫌々)乗りましたが、これが恐ろしく違う意味で怖かったです。

と言うのも、身体を抑えるストッパーがゆるい。
逆さになったとき、自分の体重で外れるんじゃないかと言う恐怖と闘いながら、現地の女性が「止めろ~」と叫ぶあまり、あっけなく終了してしまいました。
もう、せっかく100円払ったのにthink
しかも、その子の携帯が落下してました。
海外の遊園地は、乗り物の怖さより、安全面での恐怖があることを知りました。
皆さん、気をつけましょう。

お昼に、あんなに食べたのにアイスが食べたくなり、地元でも有名の」お店に連れてってもらいました。

しかも、重量制で3つで約180円くらいです。
それに、嬉しいのはトッピングを自分の好きなように出来ることです。
今回頼んだのは、ドルチェ・デ・レチェとピスタチオとロンというお酒のアイスを頼みました。
日本じゃあまりアイスを食べないのですが、海外のアイスは結構ハマってしまって、これまでにも何度か食べてます。
海外に来たら、ぜひアイスの食べ比べしてください。

そのお次に、ハジメさんのお友達の家に行き3人で飲んでました。
サカイさんと言う方でJAICAでこちらに来てお仕事してる方です。
と言うのも、彼女さんがお祭りでケーキを売っていて彼に渡しに行ってほしいと言うことで、ついでにじゃあ呑もうか・・・ということになった次第でございます。

延々と、恋バナで盛り上がりいろんな意見を聞けてちょっと為になりました。
しかも、同い年なのにすごい落ち着いてます。

とこんな感じで帰ったらもう22時で、一日の速さを改めて感じてしまいました。

明日は、いよいよブラジルへ行きます。
ただ、当初の予定を変更してイグアスの滝(ブラジル側)は見ないで、ボニートという透明度の高い水源地にブエノスから一緒のシゲさん、宿で会ったマユミさんと一緒に行動します。

ただ、ちょっと難しい所にあって下手したら、11日まで移動でかかるかもしれませんので、また更新が遅れます。

それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

イグアスの滝

イグアスの滝を見に出かける前に上野山荘別館でお世話になった人達です。
いやぁ、なかなか濃いメンバーで面白かったですなconfident

1番後ろに居る眼鏡をかけたジャックさんはビーニャからイースターまで一緒で、久しぶりの再会を果たしました。
更に、坊主頭のレイ君も、リオガジェゴスの駅であって、再会を果たしました。
ここは、何気に再会を果たす場所らしいです。

Dscf1056

ちなみに、あたしから時計回りでシェフ(イタリアで働いた経験あり)、九州男児のレイ君、バーテンダーのヤンキー(ヤンキーじゃないです、ホントは心優しい青年です)、6年間旅してるジャックさん、撮影してくれた(これから一緒に旅するシゲさん)本当にお世話になりました。

バスターミナルに行く前に2人宿で一緒だった子と会いながら、無事バスに乗りこみました。

なかなか座席も広くて良いバスでしたよ。
乗ること18時間。予定より1時間遅れての到着です。
バスを乗り換えて、イグアスの公園まで行きます。

Dscf1057_2

園内に入り、滝までは距離があるので電車で移動していきます。
更に橋の上を渡っていくと・・・

Dscf1063

はい、見えてきました。
この日は残念ながら曇りがちで、思ったより寒いです。

Dscf1065

更に進むと・・・

Dscf1070

さすが「悪魔ののど笛」と言われるだけあって、凄い音です。
世界三大瀑布の1つ、イグアスの滝は水量が1番多いと呼ばれていて、パラグアイ・ブラジル・アルゼンチンの3国をまたがっています。

水の流れは、ずっと見ていても飽きないのですが、さすがに寒い。
しかも、風向きが変わると雨のように水が降ってきます。
みなさん、ポンチョを忘れずに持っていきましょう。

ここには、大小300以上の滝があるので、違うビューポイントへ。
その途中、アナグマや鳥に遭遇します。
Dscf1082

Dscf1085

Dscf1106

Dscf1094_2

3時間ほど見て回って帰ろうとしたら、ブエノスで一緒だった人と(この日2回目の遭遇)再度会ったので、一緒に食事をしました。

Dscf1118

左から、サトミさん、キョウコさんあたし、シゲさんです。
サトミさん、キョウコさんは2人で南米を旅していてもうすぐ、日本に帰るようです。
シゲさんは今回の南米で、全大陸制覇するという強者です。
色々、勉強させてもらってます。

夕方には、パラグアイのバスに乗って色々困難はありましたが、無事パラグアイのイグアス移住区につき、只今園田さんと言うところでお世話になってます。

それでは、今晩の買出しに行くのでさようならです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

移動します。

今日は、昼前にシゲさんとバスターミナルに行って、イグアス行きのチケットを買いに行きました。

ブエノスのチケットブースは、えらい長いsweat02
200近くまであるみたいです。
でも、機内食並のご飯やワインやビールまで飲めるみたいで、ちょっと楽しみです。

その後、ご飯を食べにウロウロ…
シゲさんは右側、あたしのは左側です。
あたしのほうが多いですpig気にしません。
001













前から気になっていたモルシーシャ。
ちょっと見えにくいですが、黒いソーセージで豚の血をまぜて出来たものだそうです。
味は、思ったより癖はないかな?
ちょっと、柔らかめです。

そのあと、JALオフィスに行って日程変更をしたのですが、なかなか進まない…。
結局2時間もかかり、ようやく終わり2人してグッタリです。

お次は、世界3大劇場の1つ、コロン劇場へ。
が…
004













思いっきり工事中で中も見れません。
ここは、イタリアのスカル座、フランスのオペラ座と並ぶ有名な劇場です。

ガッカリして宿の近くのカフェで1杯cafe
が、ここでも残念なケーキに出会い宿に戻ってきました。

イツコさんがいたので、宿代を払い写真をパチリcamera
007_2













やはり、アヤコさんに似てます。

明日は、14時に出発して約20時間かけてイグアスの滝に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

コメントありがとうございます。

言い忘れてましたが、数々のコメントありがとうございます。

中には、掘り出し物の情報など助かります。

 

カラファテの藤旅館やここのホテルみたいに、無料でネットが通じると凄く助かるのですが、なかなかそうも行かないので返信まで出来ません。

大体ネット屋さんには2時間くらいいるのですが、その中で調べもものしたりブログ書いたりメールの返信すると、あっという間に時間ばかりが過ぎてしまうのが現状です。

こっちではWifi使えるカフェがあるので、お菓子の勉強がてらネットが出来ると思うとやっぱり、パソコン持ってくれば良かったな~と今更ですが後悔してます。

ということで、ちゃんとコメントも読んでるのでバシバシ送ってください。
(批判はやめてねcatface)

それでは皆さんが仕事やってる間、私は昼間っから酒でも飲もうかと思いますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブエノスアイレスに着きました

昨夜23時に無事、ブエノスアイレスに着きました。

ウシュアイアでお世話になった、あやこおばあちゃんの娘さんがオーナーの、上野山荘別館に泊まってます。

その他に、マナミさんという管理人さんがいます。

ウシュアイアで1日だけ同じ部屋になった、マリコさんにも再会しました。
更に、リオガジェゴスのバスターミナルで会った男の子にも会ったり、エルカラファテで管理人をしていたリュウタロウさんを知ってる人が何人かいたりして、話が盛り上がります。

しかし、海外に来てから発見したこと…
それは、案外人見知りをする自分がいることです。
まぁ、基本的に一匹狼で団体行動は苦手なのですが…。

思ったより人数がいるので、さっさとイグアスに行こうかと思ってましたが、同じ方向に行く人がいたので、4日まではここにいようと思います。

あと写真はあまり期待しないで下さい。
そんなに出歩かないと思うので。すみません。

それでは、またpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ロスグラシアレス国立公園

朝8時半に、宿に迎えに来ると言ったのに来たのは9時ごろでした。
ホント、頼りになりません。

バスに乗って、他のホテルなどに寄ってから国立公園に行くバスに乗り換えます。

今日は、天気が良かった。
綺麗な朝焼けが見れましたよ。

約1時間くらい走ると入り口のゲートが見えてきます。
ここからは、残念ながらまだ見えません。
Imagen_001

チケットを受け取り(60ペソ)更に40分ほど進んで船乗り場に到着します。
この移動中に少し全貌が見えますので、見たい方は進行方向に向かって左側に座るといいですよ。

Imagen_003

暗いですね。写真。
後ろの船に乗って移動します。

徐々に、氷河が顔を出します。

Imagen_004

Imagen_005

でかいです。写真じゃ伝わりませんが・・・。
そして青い。あ~晴れてよかったhappy01

船で20分くらいでしょうか?
到着です。

Imagen_010

荷物をロッジに置いてミニトレッキングに向かいます。
その途中で、イケメンガイドさんが氷河の説明をしてるはず。
(だって、わからないんだもん)
ちなみに、英語とスペイン語話せるガイドさんもいます。

説明が終わって更に進み、2グループに別れます。
大体、1グループ20人くらいかな?
10分ほど待って、アイゼンをつけるために移動します。

Imagen_013

手馴れた感じで次々と付けていきます。

Imagen_014

氷河に入る前に2回目の説明です。
今度は、歩くときの説明です。
ちゃんと見て置かないと、怪我します。
では、いざ始まり始まり。

Imagen_015

意外と滑りません。
それよりも、足首をひねりそうで恐いです。
1歩1歩、ちゃんと踏みつけるように歩きます。
時々、止まって写真タイムを与えてくれます。

Imagen_020

女性のガイドさんで英語を話せます。

Imagen_019

イケメンガイドが、おもむろに氷をアイゼンで壊して見せてくれたりします。
実際はもっと深くまで見えて、もっと青いです。
伝わらないなぁ・・・bearing

Imagen_022

歩くたびに違った顔を見せてくれる氷河たちで、楽しいです。
今日は、日が出てるのでかなり暖かいです。
Imagen_024

大きな水溜りが現れます。
ここで一杯。
のちに、お腹が多少下ります。食べ過ぎのせいかな?
弱い方はやめたほうがいいです。
でも、水の透明度はすごいです。

Imagen_025

Imagen_026

う~んウマイ、もう1杯。

大体2時間くらい歩いたでしょうか?
頑張ったご褒美をもらえます。

Imagen_027

ウィスキーとチョコレートです。
氷はもちろん氷河ですよ。
いやぁ、贅沢ですshine

そして、よく手を貸してくれたイケメンガイドです。
Imagen_028

これで、ミニトレッキングは終了です。
ロッジに帰ってしばし昼食食べます。(持参)
ただ、コーヒーは無料でもらえます。

また船でバスのところに戻り、お次は展望台のところへ。
Imagen_039_2

ここからは、全貌が見渡せます。
私のカメラは確か広角28だったはず。
なのに入らないって・・・どういうことじゃ~pout

Imagen_042

残念ながら崩落するところが見所なんですが船で帰るときに1度見ただけで、後は音しか聞こえません。

やはり、夏の時期が崩落してくれるようです。

それでは、明日はブエノスアイレスに移動します。
ウシュアイアでお世話になったあやこおばあちゃんの娘、イツコさんがやってる上野山荘別館に泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

ウシュアイア

前の記事に引き続きケーキの話から。

ヒロミさんオススメの『タンテサラ』という店に行ってみました。
写真を撮ってもいいか尋ねると、
Imagen_002

ノリノリです。

店員さんがとても陽気で、いい接客をします。
本当は、もう1店舗同じ通りにありますが、こっちの方がスタッフの感じは良かったかな?
どちらのお店も賑わってます。

そして、数ある中で選んだケーキがこちら。

Imagen_004

イチゴムースとチーズケーキです。
ムースはかなりうまいです。
ちょっと感動しました。
ただ、チーズケーキは上のラズベリーの味が強くてチーズの味が感じません。
ちょっと、残念。

そして、やはりアルゼンチン。
高いです。
ケーキ1つ13ペソ。約400円くらいです。
行く方は、覚悟して行ってください。

お次は、アイスクリーム屋さんで食べた『クロカンテ・デ・マニー』
りんごのタルトです。

Imagen_016

シナモン苦手なんですが、ココのはきつくなくてウマかったです。
こちらは、7ペソ。約200円。う~ん、やっぱり高いですな。

このほかにも、チョコレートやパイなど食べました。
なので、ここカラファテでは体の節約をしたいと思います。

続いて、上野山荘です。
Imagen_001

一体何人の方が訪れたんでしょう。
情報ノートのほかに、思い出ノートがあるのですが、皆さん2週間くらい滞在してるようです。
それだけ、居心地がいいんですよ。
現に、わたしも長居した1人ですから。
そして、ここの看板娘トゥルーチャ。

Imagen_022

ご飯食べてると、ひざの上に顔を乗せて上目づかいでおねだりしてきます。
しかも、にんじん嫌いでお肉大好き。
美味しいやつじゃないと食べてくれないという、姫っぷり。
もちろん、ドックフードなんか食べません。
あやこさんがバランスを考えて、野菜中心のごはんをあげてるようです。

そして、最後にみんなで記念撮影。

この1週間の間に2人男性が加わりました。
Imagen_020

ほんと、皆さんにはお世話になりました。
平和ボケで旅を再開するのが若干恐いですが、これから南米を北上していきます。

それでは、また明日。
明日は、氷河の上をトレッキングして、氷河入りウィスキーを飲んできたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カラファテに着きました。

今日の午前1時ごろに、無事エルカラファテに着きました。
只今、藤旅館というところにお世話になってます。
オーナーの方は、オフシーズンということもあり不在で、25歳のリュウタロウさんという方が管理人としています。

ココに来るまでに、リオガジェゴスというところを経由したのですが、その駅で韓国人の女の子と会い、一緒に藤まで来ました。
明日の、ロスグラシアレスも一緒に行動します。

とりあえず、ウシュアイアでのこと書いておきます。

13日の滞在で、作ったおかしの個数はなんと12種類。
これじゃあ、太るよpig
その他にも、街で買ったり食べたりしたのも入れると・・・恐ろしい数になります。
では、作ったケーキの数々をご覧ください。

Imagen_005_2

レアチーズケーキです。
上はラズベリーのゼリーみたいなのがのっております。

市販の素(日本で言うクールン?みたいなやつで)作りました。
ポイントは、叩きつけるように混ぜることです。
直訳すると、こういう意味らしい。
日本じゃ、そんな作り方しません。でも、そうしないと固まらないようです。

その失敗例がこちら。

Imagen_006

 

はい、グダグダです。

冷蔵庫に

何時間入れても固まりませんでした。
海外で作るときは、叩きつけるように混ぜてください。

お次は、ケンポコさんリクエストのチョコレートケーキ。
上には、焼いたバナナをのせてちょっと大人っぽくブランデーを効かせてみました。

Imagen_008

お次は、アップルパイ。
左が焼きりんご、右が煮りんごバージョンです。
こっちでは、パイシートがなくてキッシュ用の甘くない生地を使用しました。

Imagen_009

次は、普通にショートケーキです。
中には、イチゴクリームを挟んで表にホワイトチョコレートをかけました。
でも、冷やしてる途中で切れ目が・・・。
不吉な予感です。

Imagen_010

お次は、あやこさん監修のお饅頭です。
しかも、あんこから作りました。
こっちの小麦粉で、ふくらし粉がすでに入ったやつが売られています。
今回はそれを使いました。
ポイントは、混ぜすぎないこと。
最初、混ぜすぎで冷めたときにしぼんでしまいました。
あんこが残ってたので、2回目ヒロミさんが作ったら、きれいに出来上がりました。
なんでも、やりすぎは禁物らしいです。

Imagen_015

あやこさんに見守られながら、あんこを包みます。

Imagen_014

最終日は3種類作りました。
まず1つ目は、スイートポテト。
でも、日本のように甘くないです。
なので、甘味とコクを出すためにカスタードを加えてみました。
やっぱり、焼き上がりはうまいです。

Imagen_017

2つ目は、好評だったチョコレートケーキです。
本当は、カスタードを中に挟んで表面をチョコクリームにしようとしたんですが、忘れてました。なので、表面に無理やり塗ってフォークで筋をつけました。
飾りのチョコはヒロミさんアイディアです。

Imagen_018

3つ目は、和洋折衷です。
お饅頭で残ったあんこを生クリームと合わせて、ロールケーキにしました。
表面は、残ってたホワイトチョコレートをかけてます。

Imagen_019

最後の夕食は、リクエストで肉じゃがを作ってもらいました。
しかも、お吸い物・焼きなす付き。
やはり、日本食食べると心が落ち着きます。

こんな日々を過ごしてたので、みんな体重が増えたようです。
あやこさんも、こんなに短期間でケーキ食べたことがないって言ってました。

あ~おじいちゃんにも食べさせてあげたかったな。
それが心残りですが、あやこさんに『また来てね』と言われたので、次はもっと腕を磨いておこうと思います。
それまで、どうかお元気で居てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

ウシュアイアに滞在延期します。

ウシュアイアにきて、1週間経ちましたが、もう1週間いようと思います。
たいして、今の時期見所のない田舎町で、何してるかというと、ケーキ作ってます。

日本では多分売られてない、ロールケーキようの薄いスポンジを発見したことにより、わたしの創作意欲がむくむくと出てきましたよ。
いやぁ、これは使える。
日本でも売ってくれればいいのに。
それと、日本にもあるキットタイプのやつも試してみたい。
種類も多いので、ほぼ毎日何かしら作ってます。
最初はこちら。
ジャムをぬって巻いて、それを1センチ幅に切りボウルに敷き詰めました。
なかには、イチゴクリームとバナナ入ってます。

Imagen_001_2

お次はこちら、
みんなで食べてる写真に切った状態のやつが見れると思いますが、ロールケーキ応用です。
今回はココア生地を使用です。
中には、クリームとバナナと洋梨入れてます。
表面のキャラメルみたいなのは、南米では定番のクレーム デ レチェ(だったはず)。
ミルククリームです、早い話。でも、くどくないの。
それを、生クリームでのばしてかけてみました。

Imagen_002

Imagen_003

いま、宿には5人しかいません。
左からヒロシさん、ヒロミさん、ケンポコさん、あやこおばあちゃんです。
ヒロミさん、ケンポコさんは夫婦で2年半ちかく海外を旅してる強者です。
いまは、上野山荘で管理人として住んでます。

と、まぁこんなことをやってました。
近くには、大きなスーパーがあるので(といっても、歩いて30分ほどかかる)わざわざ、町中まででてこなくても買える。
ちなみに、今いるネット屋さんは町中で、ここまでバスに乗らないと厳しいです。
歩いてもこれるけど、今の次期道路が所々凍ってて怖いです。
なので、また1週間こもりますので、更新期待しないでください。
29日は朝5時からバスでリオガジェコスにいき、そこで乗り換えてエルカラファテまで移動します。
着くのは、予定だと24時半なのでまた、移動に1日かかります。
南米は広いことを、改めて感じますよ。

なので、また来週お会いしましょう。

PS
ボリビアで撮ってもらった写真載せておきます。

Bolivia1

Bolivia2

Bolivia3

Bolivia5

Bolivia8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

アルゼンチン、パタゴニア

ちょっとずつですが、カテゴリーの分別してるのでご迷惑おかけします。

5月16日。無事にアルゼンチン、ウシュアイアにつきました。
バックパッカーなら、知ってると思いますが上野山荘に泊まってます。

サンチャゴから飛行機でプンタアレナスまで飛び、夜行バスでウシュアイアに行きたかったのですが、今はオフシーズン。
月。水。金の週3しか出てないといわれました。
次の日が金曜日だったのでアレナスで一泊し、翌朝13時間かけて世界最南端の街に辿りつきました。

以前、南米最南端と書きましたが、世界最南端だそうです。
南極までは1000きキロないらしい。
ここまでくると、やっぱり行ってみたくなりますね、南極。
残念ながら、シーズンではないのでいけませんが。

ちょうど、日本を出てから1カ月。
早いです。

何もない、パタゴニアの大地をみながら、この1カ月を自分なりに振り返ってました。

やっぱり、旅に出てよかったと思います。
ご飯が食べれる幸せだとか、手で洗濯する大変さとか、日本では当たり前だと思ってたことが、海外ではありがたく感じてしまいます。
いろんな人に助けてもらいながら、ここまで来れました。

そして上野山荘にある、上野家の真実というノートがるのですが、今は亡きおじいちゃんの語録がこころに染みます。
これは、泣きました。あたし。
ブログで紹介しようと思いましたが、やめます。
というのも、ここまで来れた人だけの特権にしたい。
簡単に教えたくないです、ノートの内容。
性格悪いな、あたし。
見たい人は、ぜひウシュアイアまで来てください。
それくらいの価値はあるとおもいます。
あたしだけかな?

写真ですが、一応証拠としてスタンプと証明書もらったのでのせておきます。
Blog0733

Blog0732

これは、移動中のバスからとりましたパタゴニアの大地です。
風が強いので、地面に這うようにしか植物は育たないようで、こんな景色が延々続きます。

周りに何もないと、雑念が消えてくかんじがして、気持ちがいいです。
やっぱり、自然にはかないません。

Blog0675

ちょっと、離れているのでなかなか更新しません。
やどで、ぬくぬく過ごします。

肉が安いので、デブ街道まっしぐらです。
それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)