« 旅友再会in愛媛1 | トップページ | 旅友再会in愛媛3 »

2011年7月 7日 (木)

旅友再会in愛媛2

大変お久しぶりです。

今回の記事は石手寺と松山城について書くのですが、説明しづらくて逃げておりました。えへっ。
さすがに、書かないのも悪いと思ったので(この後出てくる旅友n)、頑張って書こうかと思います。

松山に1泊して、翌日向かった先は石手寺というお遍路の始まりとして有名なお寺へ向かいました。

昔、衛門三郎というちょっと傲慢な方がいたのですが、そこに托鉢をしに来た人がいたんです。衛門三郎は、その托鉢を割るのですが8個に割れちゃったんです。

そしたら、翌日から衛門三郎の子供が次々と8人全て亡くなったそうです。
そこで、衛門三郎気づく!!「あれは、物凄いお偉いさんではないのか」と。

そう、托鉢に来てた人は有名な空海でして、彼を探す旅に周ったのが後のお遍路、八十八か所になった次第でございます。

空海を探す旅に出た衛門三郎ですが、なかなか会えず逆回りに歩いてようやく空海と会う事が出来ました。でも、その時の衛門三郎は瀕死の状態でした。そんな状態にも関わらず、必死で探していたことを知っていた空海は、もう1度チャンスをあげましょうと、近くに会った石に「衛門三郎」と書いて、彼に渡したんです。

ま、結局衛門三郎は亡くなったのですが、その後とある赤ちゃんが生まれまして、その子が左手に握っていたのが、空海が渡した衛門三郎と書かれた石だったそうです。

これ以上詳しく知りたい人は、gogleで検索してください。

ということで、その石が祀られてる石手寺に、30分ほど歩いて行ってみました。
(あ~、説明するのが疲れた)

無事に着いて、石手寺の隣にあるお店でじゃこカツを頂きます。
揚げたてをくれるので、めっちゃ美味い!!
高校生だったら、間違いなく通ってるお店です。
Cimg1720

腹ごしらえもして、51番目の石手寺をくぐります。

Cimg1721

ちょうど良いタイミングでお遍路さんたちがいました。

Cimg1724

ちなみに、衛門三郎再生伝説によって、かなり儲かってる石手寺。
敷地も広大です。そして、変なものも沢山ありました。

Cimg1727

ちょっと壊れてるのもあったり・・・。

Cimg1732

ラオスにもこんなのあったな・・・。

Cimg1730

山の上にもでっかい像があります。
この時点で、どれだけ土地持ってんのさって、突っ込みたくなる。

Cimg1728

これが有名な衛門三郎の石。
宿の人いわく、産まれたての赤ちゃんの手にすっぽり包まれていたらしいのですが、絶対見えただろって、突っ込んでました。確かに、あたしの手でようやく隠れるかな?っていうくらいの大きさだった。 

Cimg1737

他にも不気味な洞窟があったりと、色々ありました。

興味のある方は行って見て下さい。素敵な世界が待ち受けてると思います。

|

« 旅友再会in愛媛1 | トップページ | 旅友再会in愛媛3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/40716110

この記事へのトラックバック一覧です: 旅友再会in愛媛2:

« 旅友再会in愛媛1 | トップページ | 旅友再会in愛媛3 »