« 韓国の食べ物1 | トップページ | 韓国の食べ物3 »

2011年3月30日 (水)

韓国の食べ物2

まだまだ続きます、韓国グルメrestaurant

まずは、ハッバー(ホットバー)という、韓国版さつまあげ。

060

慣れた手つきで中に、カニカマやお餅、ソーセージなどを入れていきます。

068

これにマスタードやコチュジャンなどをつけて食べます。
タイミング良ければ、揚げたてを食べれます。
ふわっと軽い食感で、薄味なので美味しいです。
今回の旅で、2回食べました。大体1,500~2,000ウォン(約120~160円)

お次は、ポッテギという虫系スナック。
蚕のさなぎを醤油ベースで炒め煮したものです。

057

さなぎなので大きさは爪ぐらい。
これは買う勇気が無かったので、買ってた韓国人にもらいました。

056

味は、ちょっと苦い。多分、肝のところだと思います。
紙コップに入れて、爪楊枝で子供がバクバク食べてました。

お次は、ピンデトック。緑豆のチヂミです。
これは、広蔵市場(クァンジャンシジャン)の名物料理。
097

挽いた緑豆の中に葱やもやしなどを入れて、多めの油で揚げるように焼いていきます。

098

直径20センチくらいあるので、1枚でお腹いっぱいになります。

096

玉ねぎを入れた酢醤油につけていただきます。
1枚4,000ウォン(約320円)。

お次は、韓国版ミニお焼き。
味も形も日本と一緒でした。5個入って1,000ウォン(80円)

071

中には、甘さ控えめの粒あんが入っていました。

お次は、トッポギ。
「ト」というお餅の甘辛炒めです。

079

1皿で3,000ウォン(約270円)。

屋台スイーツだと1,000~2,000ウォンくらいで食べれます。
夕方になるとこうやって屋台が出始めます。

069

070

メニューはどこも同じ感じ。人によって若干の味の違いがあるのかな?
ただ1人で食べてる人はホントにいないので、1人旅はちょっと辛いところがありました。

|

« 韓国の食べ物1 | トップページ | 韓国の食べ物3 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/39422482

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の食べ物2:

« 韓国の食べ物1 | トップページ | 韓国の食べ物3 »