« 景福宮(キョンボックン) | トップページ | NANTA »

2011年3月30日 (水)

景福宮2

勤政殿の後ろには、主に生活住居が建っています。

036

王様が寝室として使っていた康寧殿(カンニョンジョン)。
王様が健康でゆっくりと休めるようにと、この名前が付きました。
ちなみに、王様は毎日朝の4時ぐらいから起きていたそうです。
起きて最初にすることは、母親に朝の挨拶をすることなんだとか。マザコンだったんですね

この後ろには、王妃が寝室としてして使っていた交泰殿(キョテジョン)。

032

王妃のお仕事は、後継者を作ること。泰という字が、陰と陽の組み合わせの字らしく、このような名前が付けられました。

ストレスが貯まる王宮生活で、王妃だけには特別に庭があるんです。
ちょうど、交泰殿の後ろにあります。

031

でも、すごく小さい・・・。
ただ、後ろには山が連なってるので、自然と一体化してるように見えるそうです。
そして、この3つの建物。これは、煙突なんです。
韓国にはオンドルという暖房器具が家屋の下に設置されてるのですが、宮殿では炭を使っていたそうです。煙突には、長生きする植物の絵が施されていました。

そして、お気づきでしょうか?
景福宮の数ある建物の中でも、康寧殿と交泰殿だけは違った造りになっております。

正解は・・・・

屋根の上がないんです。
通常の建物はこちら↓

025_2

横に走る、(確か)龍柱と呼ばれるものが付いてるのが普通なんですが、龍は王様を表すため、王様よりも上になる人はいないことから、2つの建物だけは付けられてないそうです。

逆に屋根に必ずあるのがこちら↓

034

西遊記でお馴染みのキャラクター達が、厄除けとして飾られています。

そして、ちょくちょく見かけるこの装↓

030

実は、鳥よけなんです。
この他には、グリーンネットで覆われていました。

王様・王妃の生活住居の後ろには、2人がデートしていた香遠亭(ヒャンウォンジョン)があります。

029

残念ながら、中には入れなかった。
フランスのヴェルサイユにある、マリーアントワネットが愛人と密会していた場所に似てるなぁと思いました。

無料ガイドは、約1時間で終わります。
今回、案内してくれた安(アン)さん。やっぱり、韓国女性は肌が綺麗です。

028

韓国は、殆ど勉強してなかったのでとっても為になりました。

おわり

|

« 景福宮(キョンボックン) | トップページ | NANTA »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/39412639

この記事へのトラックバック一覧です: 景福宮2:

« 景福宮(キョンボックン) | トップページ | NANTA »