« ただいま。 | トップページ | NY2日目 »

2011年3月 6日 (日)

NY1日目

早朝のフライトの為、前日から羽田空港で待機しておりました。
元職場の子達が、仕事帰り終電までいてくれてホントに嬉しかったです。

ただ、カメラの三脚は壊れるし、歯が痛くなるはで何だか嫌な予感・・・。
しかも、持ってきたパソコンが無線LANを感知しない・・・。
というハプニングから始まった、今回の旅でございます。

結局、パソコンとずっと格闘しておりましたが無理でした。

チェックインでも、何故か帰りのチケットを間違って出され、時間がかかりそのおかげで(厳密に言うと、ゲート内をウロウロ探索していたのが悪い?)ギリギリの搭乗となりました。
初めて、名前をアナウンスされました。ちょっと、恥ずかしいもんだね(*´ェ`*)

約13時間のフライトairplane
年度末という事もあって、学生さんが多かったです。
機内で爆睡し、隣の席の日本語ぺらぺらの韓国人と話したりして、あっという間にNYのJFK空港に到着。

若干、雪はあるものの天気は良くてラッキーと思ったのもつかの間。
外は超寒いです。というより、痛かった。地元の岩手並の気温でした。

そんな中、市内までは地下鉄で移動。
さすがに早朝という事もあって、雰囲気の悪い地下鉄subway
黒人率が高くて、超、気を張り巡らせてました。

若干迷ったけど、無事に予約していたホテルに到着。
今回は、誕生日という事もあって中級のホテルに泊まることに。

取りあえず、一安心して心を落ち着けてから、セントラルパークで1番見たかったあの場所へ!!

毎年、12月になるとここの映像が必ず流れる場所と言ったら・・・こちら↓

105

ジョン・レノンでお馴染みのこの場所。
最寄駅72stから、歩いてすぐありました。しかも、音楽もダウンロードしていたので鼻歌交じりでウロウロしていたら、観光客が沢山来て写真撮影するから、居づらくなってそそくさ感傷に浸る間もなく退散いたしました。

そして、このお次と言ったらやはりあそこへdash
108
ダコタ・アパート。

超でかいです。ジョン・レノンがこのアパートの前で暗殺されたことで有名ですね。
このアパートから、さっきのイマジンの碑が見えるんです。
しかも、地図でみるとイマジンの碑があるところが涙の形になってるんです。
ぜひ、本屋さんで確認するべし!!

セントラルパークをウロウロ歩いて、見つけたのがこの像。

117

ロミオとジュリエット。
なんか貧相でした。

セントラルパーク内を歩いて、次に向かった先は映画「ナイト・ミュージアム」でロケ地になったアメリカ自然史博物館。
119

外装工事していました。
中に入ると、こんなお方が出迎えてくれます。

121

正直、何恐竜かは分かりません。
チケットブースではノリの良いおじさんが日本語で出迎えてくれました。
チケット16ドルを払って、日本語のパンフレットもらっていざ中へ。

旅行雑誌にも書いてある通り、広いです。
しかも、分かりづらい。思うように行きたいところに行けません。

取りあえず、1番人気の恐竜がいるところへ。
122

ティラノサウルスさんがいました。
頭、超デカイ。あんなのに食われたらひとたまりもないなっていう感じ。

その他にもマンモスや、鳥類などいました。
126

アメリカの子供たちも課外授業できてるのか、一生懸命メモを取っていて、かわいかったです。

動物の他にも、隕石や宝石類が展示されてるブースがあって見応えたっぷりでした。
しかも、ここの地下1階にあるフードコートが面白い。
お寿司とかサラダやピザ、ドリンクも色々あってよりどりみどりでした。

そして思ったのが、さすがアメリカ人。
殆どの人がフライドポテトと(こっちではフレンチフライと呼びます)、フライドチキンを手にしてました。
しかも、フライドチキンも骨付きより骨なしの方が人気らしい。
子供が多いからでしょうか?

ご飯も食べて、お腹が苦しい中高級スーパーZEBARS(ゼイバーズ)に行き、お菓子の型を見たり食材を見たりしました。

お次は、バスbusに乗ってセントラルパークを超えた反対側のメトロポリタン美術館へ。

133

ここに向かう途中、変なおじさんが色々説明してくれたんだけど英語分からないくて、そうなんだ~って、日本語で返しました。

しかも、この美術館のチケットブースのお姉さんが、態度悪くて(英語が分からなった私にも責任はありますが・・・gawk)大きなため息をつかれたので、私も負けじと大きなため息をして中に入りました。

更に、中に入ってお目当てのモネの「睡蓮の池に架かる橋」を探してたら無くて、近くにいた管理の人に聞いたら、もうないよって言われショックcrying

という事で、殆どこの美術館は見ていません。
ただ、南米にあった黄金博物館みたいなブースがあって、そこは懐かしさのあまりじっくり見ました。

あと、これは綺麗でした。

134

分かりづらいですが、小さなタイルで出来てます。奥の絵になってる部分も砕いたタイルで出来ていて良かったです。

美術館の外に出て、もう一度セントラルパークへ。
そこで、探したアンデルセン。

139

アンデルセンが醜いあひるの子にお話を聞かせてるというシーンらしいです。
これが、思ったより大きいのにびっくり。
本にもちゃんと文章が刻まれていました。読めなかったけどgawk

この近くには、アリスちゃんもいます。

140

不思議の国 のアリスと、その仲間たち。
うさぎさん140㎝くらいあります。こちらも意外と大きいです。

ベンチでお菓子を食べながら一休みして、メトロでホテル近くまで移動します。

本当は、もうホテルに戻ろうかと思ったのですが、駅を出たらすぐ見えたので行ってみることに。
しかし、これが意外と遠かった。

143

鋼鉄のワイヤーを使った、世界初のつり橋、ブルックリンブリッジ。
歩くところが木の板で出来ていて、隙間から走ってるタクシーが微妙に見れます。

橋の所には、何故かこんなものが。
151

なにかの、お願い事スポットなのでしょか?

ちょうど夕暮れ時で、CMとかに出てきそうなNyの街をみることが出来ました。
そして、発見しました。
アメリカ、白黒写真で撮るとかっこ良いという事を↓

154

Nyの建物は古いせいか、色を失った方が哀愁漂って素敵でした。

ぜひ、NYに来た際は白黒で撮ることをお勧めします。
こんな感じであっという間に1日が終わりました。

|

« ただいま。 | トップページ | NY2日目 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/39125048

この記事へのトラックバック一覧です: NY1日目:

« ただいま。 | トップページ | NY2日目 »