« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

今年もあと4日

約2か月ぶりの更新。

その間に色んなお別れがありましたweep

まずは、同じ職場のKちゃん。
今の仕事をし始めてから数日たった時、1ターミナルに飛行機を見に行こうとしたら、Kちゃん率いる3人組が後ろから追いかけてきて、スタバにお茶しに行かない?と、誘われたのが事の始まりでした。

そろそろ、夏が始まるという季節。1ターミナルの展望室で色んな話をしたことは、今でも忘れられない嬉しい出来事です。

そんな彼女は、今年の10月末にカナダに念願のワーホリに出かけてしまいました。
日本を発つ日がちょうど休みだったため、羽田経由で成田に行くことを知っていたので、お見送りしました。

013

去年、あたしを見送ってくれた人たちはこんな感じだったのかぁ・・・と、思いながら、やはり別れは切ないなと、考えました。

そして、お次は10日前にシェアハウスを出て行った、韓国人2人組。
私より先に住み始めていて、韓国のお菓子と日本のお菓子をトレードしたり、色んな話をしたりと、なんだかんだで仲良かった子たちです。

1年間のワーホリを経て、韓国に戻る日、この日もまた私は休み。
朝から、あまり実感がなかったけど大きなスーツケースを玄関先に下ろしたとき、ほんとに居なくなっちゃうんだな・・・と、またまた切ない気持になりました。

解約も終わって、管理人さんに最後に記念撮影してもらいました。

017

最後の最後にメルアド交換して、抱擁もしてみたりしてお別れしました。

そして、本日。
またまた同じ職場の子(しかも、ほぼ同時期に入った女の子)も、本日付けで退職。
来年からは、ハワイにエステの勉強をしに留学をするそうです。

とっても独特なセールストークで、毎日数量限定の「生クーヘン」という、バームクーヘンを神がかり的な勢いで売っていた彼女。
若干、霊的なものが見えるため(私には男性が2人憑いてるらしい・・・誰!?)お客さんに生クーヘンの呪いをかけて売っていたという、噂が出るくらい売るのが上手かったです。

そんな不思議な女の子と最後の晩餐をしていたら、なんとケーキを作ってくれていました。逆サプライズに感動shine

019_2

美味しく、抹茶のティラミスを頂きましたrestaurant

と、なんだか別れの場面が多かった2010下半期。
来年は、私が職場を離れて旅をちょっくらしたいと思います。

行き先は、まさかのアフリカ大陸。
なんでこうなったかというと・・・

・母をフランスに連れて行こうとお金を貯めていたのに、行かないと言われた。

・貯めていたお金が余った。

・アジアにでも半年行こうか考えた。

・旅人と話してるうちに、キリマンジャロ登る話になった。

・アフリカはなるべく早いうちに行った方がいいと、背中を押された。

・アフリカに行くことにした。

と、まぁこんな感じで決まりました。
ただ、残念ながら今回はキリマンジャロには登らないことに決定。(ちょっと、予算が組めなかった)

その代り、こんなことをしようと思います。
1カ国目 エジプト(28歳の誕生日を迎える。1年に2回しか見られない現象を見に行く。)
2カ国目 南アフリカ(ケープタウンに行く。)
3カ国目 ナミビア(ナミブ砂漠でキャンプ。キムタクばりにカップヌードル食べてみる。)
4カ国目 ザンビア(世界三大瀑布のヴィクトリアフォールズでバンジージャンプ)
5カ国目 ジンバブエ(上記と同じ。アフリカで数少ない世界遺産、グレートジンバブエを見る。

と、こんなことを企んでます。
ちなみに、出発は2011年2月20日。お昼の便で成田から、エジプトまでひとっ飛び。
1週間ほどエジプトを足早に観光した後、南アフリカ、世界で一番危険な街ヨハネスブルグへひとっ飛び。3月20日、お昼に成田へ戻ってきます。

アフリカを見終わった後は、10月にカナダにワーホリに行ったKちゃんに会いにカナダへ。
ナイアガラフォールズを見て、世界三大瀑布を制覇。

更にその後、シェアハウスで暮らした韓国人に会いに、韓国にも足を伸ばそうかと考えております。

なので、また1ヶ月半~2カ月ほど日本を離れることにしました。

来年も忙しくなりそうです。

 

| | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »