« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月 4日 (金)

中国人多いよ・・・金閣寺

高校の修学旅行から早10年。
人生2度目の「金閣寺」です。

さすが、外国人人気No1スポットshine
特に、最近ニュースでも話題の中国人が多いです。

入場料金を払うと、こんなものをくれました。
169

これが、入場チケット。

ちゃんと、御利益もあるそうです。

中に進んでいくと、おぉ~あったあった。
実際はもっとギラギラしてました。

風が吹かなければ、鏡湖池にも映るのですが、なかなか自然はお願いことを聞いてくれません。

171

でも、風格は十分shine

174

綺麗に金箔が貼られています。

道を進んでいくと、小さな滝が。
真ん中にある岩が、鯉のように見えることから、「鯉魚岩」と呼ぶそうです。
確か、中国の物語が元になってると、ガイドブックで見かけました。

175

滝の他には、こんなものが。
観光客の人たちが、一生懸命投げていたので、私とよっしーもチャレンジすることに。

176

しかーし、なかなか真ん中の窪みの所にお金は入らず・・・。
入った人は、よっぽど運が良いんだろうなぁ・・・。

そして思った。

金閣寺って意外と小さいのねsweat02

あっという間に見終わってしまったので、お茶を飲むことに。
人にジロジロ見られながらのお茶はとっても美味しかったですcoldsweats01

178

金閣寺を見終えて、よっしーに連れてきてもらったのがこちら。
皆さんもきっと御存じであろう人の神社です。

180

はい、「晴明神社」です。
ドラマや映画にもなった、陰陽師の阿倍晴明の神社です。

当時、よく陰陽師占いをダウンロードしていたので、ちょっと興奮してしまいました。

181

よっしーいわく、昔はもっと小さかったのですが、テレビで取り上げられるようになってから、敷地面積を増やしたんだとか。

恐るべし、メディアの力。

陰陽師のマークでもある井戸も井戸もあって、なかなか良かったです。

183

しかも、ここで売られてるお守りがカッコイイ!!

なかなか無い、黒いお守りが売られてるんです。
187

今頃は、友達の厄を落としてくれてることでしょうthink

そして、鬼が埋められたと言われる「一篠戻橋」。
残念ながらこれはレプリカのようで、近くに本物があるそうです。

ここでも、またよっしーが機転を利かして連れてってくれることに。
さすが、よっしー。男前になったなconfident

184

こちらが本物の「一篠戻橋」。
立て札があって読んでみると、ふむふむ。

簡単に説明すると、鬼にやられた父親が生き返った場所なんだそう。

うーんthinkなんかもっと良い話のはずなんだけど、なんか感動しない、私の説明。なぜ?
気になった方は、調べてください。

185

このあと、ぶらぶら散策していたら面白い野菜を売ってる方と出会い、色々立ち話しました。
ちなみに、よっしー。
あの時もらったジャガイモは、レンジで加熱し過ぎて食えた物じゃなかったよ・・・。
ごめんなさい。

夕方からは、よっしーの方に用事があったのでおさらばして、オススメされたカフェでまったりして、この日は宿に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都2日目

本日は、1人での観光となります。

前日に色々とよっしーと、観光ルートを考えたのですが、夜気づいてしまったのです。
そう、京都には10円玉の裏に書かれている建物があることを・・・。

ということで朝9時の電車に乗ってきた場所は、かき氷でおなじみの宇治。
駅から出ると、こんなものが。

001

お茶壺のポスト。
しかも、実際に入れてる人も見かけました。

そして、近くにある観光案内所では、無料でお茶が飲めるという太っ腹。
さすがです。

地図をもらって、歩いていると下町というか懐かしい感じの街がありました。
そして、こちら。

皆も知ってる、紫式部さん。
その後ろには、日本三古橋の一つ、宇治橋が架けられています。
002

ここから更に歩くと、ありましたhappy02

003

10円玉の裏でお馴染み、平等院。
入口には、綺麗な藤の花が咲いておりました。

004

入場料を払って歩くと、すぐに見えてきます。

005

ここでも、沢山の観光客がいました。
もちろん、中国人の人たちです。ほんと、多いなぁ。

007

10円玉を取り出して比べたりする人、沢山いました。
私も、そのうちの1人です・・・。

写真だと分かりづらいのですが、重厚感たっぷりで私のタイプです。
ボーっと、木の根っこに座って眺めること30分。
観光する場所がまだあったので、仕方なく動くことに。

別アングルもこれまた素敵shine

009

なんか、写真がぼけてる?
ちなみに、真ん中には大仏?が安置されてました。

006

別料金で、大仏の近くまで行けるのですが、時間がなかったんで展示室の方を見学することに。
残念ながら、写真撮影は禁止されてましたが、結構おもしろかったです。

急いで、京都市に戻り向かったのは清水寺。
平等院とは比べ物にならないほどの観光客がいました。

つづく。

補足
えー、旅今回の日本旅行5月で終わってるのに、ブログを怠けてしまい、未だ終わらないという状況でございます。

しかも、本日の夜行バスで東京に引っ越しでございます。
なので、次回いつ更新できるか見通しが全く立ちません。ごめんなさい。

東京での生活が落ち着いたらまた書くので、気長にお待ちを・・・。
それでは、さらば岩手paper

| | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

京都2日目の続き

お久しぶりです。

只今、東京に引っ越してきて約1週間が経とうとしております。

その話は、後々。
では、京都2日目の続きです。

平等院の後に向かった先は、舞台から飛び降りる「清水寺」に行きました。

バス停から降りて、人が向かう方に一緒になって付いていきます。
いやぁ、みんな清水寺の方に向かってくれて助かりました。

修学旅行では分からなかったけど、結構な坂の上にあるんですね。
実際、歩かないと分からないものです。
しかも、歩道が狭いのでカップルが目の前を歩いてると、無性にイライラしちゃいます。

023

そんなこんなで着きました。

この日は雲ひとつない晴天だったので、朱い門が映えます。

門をくぐり奥の方に進むと、凄い人だかり。
身動きがとれないくらいです。

その中で人気なのがこちら。
出世大黒様。

この人、黒人なのかしら?という疑問を抱きながらも、これからの私の出世を願ってきました。

011

ここを抜けると、立派な柱の回廊が続き、そして、またもや人の波が・・・。

010

あまりにも、人が多いので少し離れて撮影します。
もっと、高い気がしてたんですけど、意外とそうでもないかも・・・なんて思ったりしましたが、実際下を覗くと高かったです。

新緑の季節だったので、緑がまぶしいです。

012

013

更に、別のアングルから取ると分かるでしょか?
この人の多さ・・・。

019

ここから、飛び降りたんですかね?昔の人は。

あまりの人の多さに、そそくさと退散です。

そして、この場所で一番人気なのがこの神社。

014

縁結びで有名な、地主神社です。
ここは、9割女性がいました。
特にも、高校生が・・・。

あ~、あたしも昔こんなだったかな・・・と、昔の自分を思い出してしまいました。

015

ここで、有名なのが縁結びの石。
通路の端と端に石が置いてまして、石から石まで目をつむって辿り着けると、恋が叶うというものです。

高校生の時やりましたが、意外と恥ずかしいんです。
人通りも多いし、何しろ夢遊病的な感じになってしまうので、やるには勇気が必要です。

さすがに、今回はやりませんでしたが、高校生でもやってる人はいなかったな・・・。
皆、ナイーブなんでしょうね。

ここで、おみくじを引いてみると・・・

018

ガーンcrying末吉。

しかも待人のところに、あきらめた方がかしこい・・・って書いてます。
今年は、私のところに誰もきてくれないようです・・・。しょんぼり。

気を取りなおして、向かった先がこちら。
021

音羽の滝です。
昔から、絶えず水が湧き出ていて、日本の名水で知られています。

右から健康・学業・縁結びという話ですが、実はこれは観光用らしいです。

本当は、右から健康・美容・出世なんだとか。
地元の人もお茶飲みようの水として汲んでいくそうです。

ここで、新たな観光グッズが売られてました。
なんと、水を飲むためだけの茶碗・・・。

こんなの、誰が買うんだろうと思った矢先・・・・・・いました。
そのお方は中国人catface
あぁぁshock買ってしまったんだ。普通の茶碗なのに・・・。こんなの百均でも売ってるよと教えてあげたかったけど、中国語分からない。
あの場所にいた日本人、みんなこう思ったに違いありません。

話は戻って、この滝を欲張って3つ飲んでしまうと、効果はないという事で私は左端の、縁結び&出世のお水をごくごく飲んでました。

長蛇の列が出来ていたので、ゆっくり感傷になんか浸れません。
ここも、そそくさと退散です。

帰りは、お土産屋さんを覗き、母からお願いされていた抹茶のカステラを探しに出かけました。
こんなの、どこでも売ってるだろうと、たかをくくってたら大間違い。
今は、売ってないんです。
カステラブームからバームクーヘンブームになったらしく、探しても抹茶ケーキ程度。

なんでないの~と、心の中で叫びデパートにはあるだろうと思って行ったら、ようやくありました。
それでも、一軒しか売ってなかったです。

いやぁ、時代の流れを感じてしまった京都の旅でした。

そして、ようやく今回の旅の最終地、大阪に参りたいと思います。

| | トラックバック (0)

初!!USJ

京都を去り、朝早くに移動したのは大阪のUSJ。

荷物をロッカーに預け、パラグアイからベネズエラまでちょくちょく一緒だった、まゆさんと再会です。

日本に帰国してからも連絡をしていたので、すんなり馴染むことができました。

USJ年間パスを持ってるまゆさん。
最近は、パレードとかショーだけ見て帰るという、セレブっぽい使い方をしていたのでアトラクションに乗るのは久しぶりなのだそう。

私は、ショーよりアトラクションに乗りたい派だっため、まゆさん直伝のコースで周ることにしました。

025

正直、写真を撮ってないので殆ど文章で行きます。
ご了承ください。

まず、先に向かったのが最近出た「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」
1番人気という事だけあって、走っていったにもかかわらずすでに、長い列が出来てました。

わくわくして待ってると、最悪なアナウンスが・・・。
機械に支障が出て中断するというトラブルに合い、どよめきが起こってしまいました。
でも、おかげで1つだけ優先的に入れる特別券が配布され、ちょっと怒りが緩和されました。

その次に、人気なのが「スパイダーマン」。
皆、考えることは一緒だったようで、ライドに乗れなかった人が、多数流れてきてる感じでした。
30分以上待ち(1時間くらい待ったかも・・・)で、ようやく乗りこみに成功。

感想は、気持悪い・・・shock

3Dに見えるメガネをかけるのですが、立体的に見えるせいで具合が悪くなります。
場内のアナウンスでも、心臓の弱い方はお辞めくださいとか、かなりハードなアトラクションでした。

私の他にも、気持悪がってた人もいて、ちょっと安心。
でも、面白かったです。
ただ、展開が早くて付いていけない・・・。

しかも、いつのまにか写真が撮られているし。
まゆさんは、もちろんカメラのある場所を把握しているので、涼しい顔で写っておりました。

その後も、シュレックやジョーズ、ジュラシックパークとアトラクション系を全て制覇。

時々、路上でやってるパフォーマンスを見たり、ピーターパンを見たりしました。
ちなみに、ピーターパン凄いです。
感動のあまり泣きそうになってしまいました。

この、宙に浮いてるのがピーターパンとウェンデイ。
かなりの高さで、まゆさんと、あれやりたいねって盛り上がりました。

ちなみに、風がある日は危険なので中止になったりするそうです。

028

うろうろ歩いてると、あのマリリンモンローにあったりなんかします。

026

ディズニーランドよりは、広くないのでそんなに歩き疲れはしないかな?

その他にも、ウォーターワールドやハリウッド・ドリーム・ザ・ライドなど、楽しませてもらいました。

楽しい時間はあっという間ですね。
夜は、マジカル・スターライト・パレードを見て、疑問に思ったこともありましたが、楽しみました。

029_2

何故か、首なし?シンデレラ。

031

夜のジョーズは怖い・・・。

032

そして、お馴染みの地球儀。

033

久しぶりの、遊園地?だったので若返りましたhappy01

このあと、まゆさん宅にお邪魔して美味しい夕食を頂きました。

| | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

大阪2日目

2日目は、まゆさんがお仕事という事で、私も街に出勤してみました。

まゆさんも海外で会ったときとは違って、ばっちり化粧とOLの格好になっててなんだか新鮮です。

あいにく、この日は雨。
まゆさんのお母さまが色々、傘を出してくださって大変助かりました。

大阪といったら、道頓堀。
ということで、難波駅に向かう事に。

朝早かったのもあって、お店は開いておらず、うろうろ。

かろうじて、一軒たこ焼き屋さんがあったので、迷わず食べることに。
うーん、やっぱり美味い!!

実家でも、よくたこ焼きをする私にとっては、ここはもう聖地shine
外はカリっと、中はトロッとのこの組み合わせは自宅では真似できない美味しさ。
まさに、芸術lovely

その他にも、アメリカ村などを見て回ったりしてました。
残念ながら、写真撮ってないです。ごめんなさい。

そうそう、ビリケンさんもいました。
みんな、足を触っていくようで、そこだけ色がちがってました。

夜は、まゆさんが通ってるヨガの教室へ。
ベネズエラで、オランダ人の女優さんから少し教えてもらって以来、人生2度目のヨガです。

そして、思った・・・。
難しいのね、ヨガって。
ただ、ゆっくり動けばいいとかじゃなくて、バランス感覚が必要。
それに、呼吸法も加わって1人だけヨレヨレ状態でしたcoldsweats01

先生はさすがにお上手で(じゃなきゃ、先生できないんだけど・・・)、1回1回ピッと静止するんです。
それが、すごい綺麗wobbly

終わった後も、体はぽかぽかで冷え症の私には、もってこいの習い事でした。

ヨガの後は、金竜ラーメンを頂くことに。
見た目、とんこつっぽいんですが食べてみると、意外とあっさり。
麺も細めで、凄い美味かった。
これは、また食べに行かなくちゃdash

この日も、まゆさん宅にお邪魔して、いよいよ明日は最終日。
あー旅が終わるのは、なぜこんなにも悲しいんでしょう・・・。

つづく。

| | トラックバック (0)

旅、最終日

大阪3日目。というか、この旅最終日。

この日も、まゆさんはお仕事ということで私もバックパックを持って旅立ちます。
この日は、足を延ばして奈良に行くことに。

奈良と言ったら鹿。
まゆさんいわく、この時期の鹿は毛の生え換わりでかわいくないとのこと。
確かに、ちょっとぼさぼさの子が多かったです。

034

修学旅行生に交じって、最初に向かった先は興福寺。
まゆさんお勧めの阿修羅像を見に来ました。

037

残念ながら、写真撮影禁止です。
なので、看板でご勘弁を・・・。

この人が阿修羅さん。

038

抜群のプロポーションを持つ、イケメンです。

阿修羅と聞くと、あまり良いイメージを思い浮かべない人が多いかもしれませんが、ここでは「火の神」とか「戦いの神」として祀られてるようです。

そして、阿修羅と帝釈天の戦争から「修羅場」という言葉ができたんだとか。
詳しくは、Wikipediaで御調べください。

そして、ここには五重塔もございます。

036

逆光で、いまいちです。

あまりにも学生が多かった&暑くて、そそくさ退散します。

次に向かった先が、東大寺。

041

ここには、皆さんもご存じの奈良の大仏様がおります。

043

海外の方も沢山来て、見上げてました。
かなり、デカイです。
たしか、日本にある大仏の中で一番重いって、なんかで聞いたことがあります。

でも、ここで見たかったのはこれじゃなくて、「アフロ大仏」。
電話かけたり、売店のおばちゃんに色々聞きましたが、残念ながら拝見することはできませんでした。

まゆさんいわく、予約すれば見れるとのこと。

興味のある方は、ネットで検索してみてください。
かなり、惹きつけられます。

でも、ここ東大寺にはあの噂のキャラクターの栄養剤がおいてました。
それが、こちら。

045

効果はよくわかりませんが、家に持ち帰ったところ知らない間に消えてなくなってました。
誰が、飲んだんでしょうか?後で、聞かなければ・・・。

奈良は、この「せんと君」で溢れていました。
「まんと君」は、かなり存在が薄かったです。もうひとつ、キャラクターがいたけど、その子はもっと影が薄かったです。見つけた方は、是非グッズを買ってあげてください。

東京行きの夜行バス出発まで時間があったので、まゆさんとたこ焼き、ブッセ、肉まん、串揚げと大阪名物を食べ歩きました。

という事で、ようやく日本の記事が終わった~catface
日本の旅は、神社巡りになるという事が分かりました。

そして、只今わたくし東京に住んでおります。
東京都民にはるばるなることが出来ました。

来週から、羽田空港でお仕事になりますので、是非羽田空港ご利用の際は私から東京バナナを買ってください。

当分は、旅に出ることはないかと思われます。
が、東京を思う存分楽しみたいと思います。
というか、現時点て楽しみすぎてる・・・。

これからは、ちょくちょく東京での生活をアップしていくので、このブログは閉鎖することはないと思います。

それでは、また。


| | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

東京での生活

東京に引っ越してきて約2週間。

今日は、仕事の研修がありました。
この研修をクリアしないと、実質仕事が出来ないことになります。

その前に、どこに住んでるんだ?という事から。

仕事場に近い所を選んで(採用も決まってなかったのに)、品川と横浜の間にいます。
東京の1人暮らしは、家賃が高いんでは?と思われる方が多数だと思いますが、確かに普通にアパートを借りると高いでしょう。
敷金礼金もかかるし、家電製品も揃えるとなると・・・恐ろしや。

そこで、目をつけたというか、たまたま盛岡に行ったときにとある本を発見。
それが「ひつじ不動産」が出版している本でした。

なんかかわいい名前だなぁと思ったら、その本はシェア住居の物件を取り上げてる不動産でした。

最近だと、テレビで上野樹里、瑛太、長澤まさみが出演した「ラストフレンズ」みたいな感じの暮らし方・・・と言えば、想像できるかな?

ただ、昔からあるルームシェアとは若干違くて、第三者(いわゆる不動産)を介してるかしてないかの違いがあります。
・ないのは、ルームシェア(当人同士で相談し合って、家賃・光熱費を支払う)
・あるのはシェア住居(不動産に家賃・光熱費を月々支払う)

ということで、もうお気づきかと思いますが只今、シェア住居に住んでおります。

現在は、日本人男性・女性・韓国人女性・中国人女性と3カ国の人々がこの家に住んでます。

確かに、貴重品管理や勝手に物を使われたりなどなど、心配する方もいるかと思いますが、この家は各自個室が(もちろん鍵付き)あるので、部屋に置いておけば基本的には無くなりません。

キッチンや洗濯機、シャワールーム、トイレは共同なので多少は譲り合いも必要ですが、はっきり言って皆仕事やら学校に行って、ばらばらの生活をしてるので、そんなに混みません。(汚くなるのは早いですが・・・)

共有部分は業者さんが週1で掃除しに来てくれるので(しかも、やさしい人です)自分の部屋だけ掃除しとけばいいって感じです。

まぁ、今1番の問題は冷蔵庫が11人に対して1個しかないのが痛い。
自炊がなかなか出来ないうえに、近くにはコンビニやら弁当屋さんの誘惑が転がってるので、つい手を出してしまっております。

でも、それ以上に良いことも。
まずは、韓国語・中国語を習うには持ってこいの環境だという事。

ここに住む外国人の条件として、日常生活程度の日本語が出来ることなので、日本語はもちろん通じます。

この間も、韓国情報を教えてもらったり、韓国語をならったり、はたまた美味しい韓国のりをもらったりと、ご飯も食べずに盛り上がってしまいました。

今日も朝、研修に行くとき、今から日本語学校に行くという韓国人の女性(同じ所に住んでるのです)と電車の中で文化について色々と話をしながら行きました。

飛行機で約2時間半でいける韓国ですが、やはり若干日本とは文化が違うようです。
(今日驚いたのは、年齢が日本年齢と韓国年齢があるということにびっくり)

家に帰ると、誰かしらいるので安心と言えば安心、うるさいなぁと思えばうるさいです。
ま、壁が薄いので仕方ない・・・。

御近所には、でっかい病院や昔懐かしの商店街があるのでなかなか私は気にいってます。
しかも、横浜や鎌倉にも行きやすいし、東京にも渋谷にも行きやすいです。
小旅行も楽しめるし、日本の最先端を見ることも出来ます。

外でご飯を食べるのはもちろん高いですが、最近インドカレー屋さんにはまってます。
ナンが焼き立てでおいしんです。しかも、お皿からはみ出るくらい大きい。
その他にも有名なケーキ屋さんにも行けるし、色々と食のお店に関しては只今、開拓中。
その分、お金も羽ばたき中。

ということで、東京に出してくれた両親には感謝してます。

先日、埼玉に住むおばちゃんと恵比寿に結構口コミで有名なイタリアンのお店に行ったり、川島なお美の旦那さんである鎧塚さんのケーキを食べたり、最高級フルーツを扱う千疋屋に行って美味しいフルーツを食べたりしました。

あまりにも美味しかったので、今年の父の日のプレゼントは千疋屋のフルーツ詰め合わせを贈ります。(しかも、父が大好きなメロンを2つも入れて)

きっと、価値も分からずバクバク食うんだろうな・・・。あぁ、もったいない・・・。

しかも、本店に行って店員さんから説明も受けて選んだという、苦労付き。
あの本店には背筋がピッと伸びるくらい、高級感たっぷりで思わず腰が引き気味になりました。
まぁ、今まで迷惑をかけた分だと思えば安いものです。
死ぬ前に、良いものを食べることも人間大事ですし。

こんな感じで、日本経済の中心「東京」を満喫しております。

ところで、今日の研修はどうなったの?という事ですが、もちろん私はクリアですよ。
でも、なかなかハードでした。日本一の商品を売るので、それなりに覚悟してましたが、これほどまでとは・・・という感じです。今まで、仕事で習った部分があったおかげで、たまたまクリア出来ましたが、じゃなかったら再研修ですよ、間違いなく。

まず、無事にクリアできたので良かったです。

お仕事は22日から始まりますので、是非東京に来た際はご連絡を。
美味しいご飯でも食べに行きましょう。

それでは、また。

| | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

東京の夜

先日、仕事が終わって飛行機を見に行こうと移動してたら、早番の女の子3人組に囲まれました。

「どこに行くの?」と言われたので、「飛行機を見に行くんです・・・」と言ったら、一緒にお茶しない?とのこと。

スタバでそれぞれ買って、いざ展望台へ。
夕方4時頃だというのに、まだまだ暑い東京の夕暮れ。
そんな中、3時間程おしゃべりしてました。

その中の女の子が、なんとベネズエラ出身というから、驚きsweat01
聞くと、両親がパラグアイに移住し、その後ベネズエラに引っ越したんだそう。
そこで彼女が生まれ今は、日本で暮らしてるんだとか・・・。
いやぁ、まさかここでこんな話が聞けるとは思ってもいませんでした。

もちろん、去年私もベネズエラに行ったので、話は南米話に。
食べ物や、ベネズエラは何故あんなに酷いのかとか、色んな話をしました。

その他の方も、海外に行った経験のある人や、お菓子屋さんに就きたいけどなかなか仕事がないとか、何故か私に共通してる部分がある人達で、楽しかったです。
類は友を呼ぶとは、こういう事なんでしょうかね?

その後、それぞれ自宅に戻ったのですが、新しい出会いに気分が良かったので1人東京タワーを見に行くことに。

013

このとき、すでに8時半。
なのに、観光客で賑わっていました。あと、カップルも多かった。

中に入ると、マイケルジャクソンの展示会があるではないか!?
見たいなーと思って、値段を聞いたら2,000円するらしいです。
一応、東京タワーの半券を持ってると、若干安くなるんだとか。
残念ながら、所持金が少なかったので泣く泣く辞めましたcrying

入場料を払って、更に一番上の展望室まで行きます。
夜なのに待ち時間30分という、混み具合。
しかも、10時で閉まるので結構、時間もぎりぎりです。

そして、以前から見たかったあの光景を見ることが出来ました。
それが、第2の東京タワー。

007

昼でも見えなくはないんですが、やはり夜の方が綺麗です。
日本人もやるなぁ・・・って思ってしまいました。

東京タワーに来たのは、今回で3回目でしたが夜は初めてだったのでちょっとわくわく。
夜景も綺麗でした。

008

眠らない街、東京。

009

ただ、下に降りるためのエレベーターが混雑しすぎ・・・sweat02
もう、閉店時間間近だったので急いで、あのポイントへ。

011

うーん、夜の方が怖くないかも。
しかも、この階では生バンドが聞けるらしくステージがありました。
東京タワーの中では、ここが一番綺麗でした。

010

いやぁ、夜の東京タワーも良かったlovely
いい加減閉店時間になってたので帰ろうとすると・・・外にはカメラ小僧がライトアップされた東京タワーを撮るためにウロウロしてました。

わたしも負けじと撮ってみました。

012

今回は、夏バージョンなのか青かったです。
私個人としては、やはり赤が好きなんだけど・・・。

帰り際に撮るとこんな感じ。

005

なんか、節約してます!!ていう雰囲気が漂ってます。
日本の経済状態が、こんなところにも押し寄せてるとは・・・。
ちょっと悲しいsad

こうして、夜は更けていったのでした。

おわり。

| | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »