« おかげ横丁で再会。 | トップページ | おいでやす~ »

2010年5月12日 (水)

床暖入ってますから

けんぽこさんいわく、赤福で出されるお茶が美味しいとのこと・・・。
本店から歩くこと約5分。別館は、誰もいませんでした。

お目当ては、あの「赤福餅」。
その隣には、「赤福氷」と呼ばれるものがありました。

最初に言っておきますが、この日は結構寒かったんです。
それなのに、赤福氷を勧める店員。
それに乗る、けんぽこさん。
更には店員さん、「床暖入ってますから」と、絶対食べさせたいという意気込みが伝わる押しっぷり・・・。
しかも、座ったら床暖入ってないし。
しかも、けんぽこさんお勧めのお茶が、不景気のせいか普通のお茶になり下がってるし・・・。

と、こういう珍事件がありまして、3人大爆笑でした。
私と、ヒロミさんは普通の赤福餅を、けんぽこさんは店員さんの思惑通り、本日から出回った赤福氷を食べることにしました。

149

赤福氷とは、このかき氷の中に赤福餅が入ってるというもので、ここでしか食べれない一品なんだとか。

赤福餅のほうは、きめ細かいこしあんで凄い美味しかったです。
これは、並ぶよ。と、ちょっと納得。

おもしろ珍事件に出会えたので、ここで1枚camera

148

この後、寒そうに赤福氷を平らげる、けんぽこさんの姿がありました。

そして、更に寒いところへ・・・bearing

車で、向かった先は「夫婦岩」。
152

5月から7月には、この夫婦岩の真ん中から日の出が上がるそうで、多くのカメラマン達が写真を撮りに来るそうです。

あまりにも寒かったので、近くの市場に避難し試食を色々してました。

気になったお土産屋さんがあったので、またおかげ横丁に戻り、タイ焼き?を食べることに。
なんと、形が魚じゃなくて人でした。
しかも、1個おまけしてくれたし。ラッキーscissors

154

お目当てのお土産屋さんに行ったら、大したことなかったのですが、なんと高校生レストランで有名な「相可高校」の醤油を発見してしまいました。

実家に戻って食べてみましたが、大根のツマに醤油をかけて食べ終わって残った時の醤油の味がしました。
わかりづらいですね・・・。
ま、そんなにしょっぱくはなかったです。

この後、夕飯を食べにイオンに向かいホテルまで、送ってもらいました。
最後に、少しだけ起きた南くん

155

物凄くおとなしい子でした。
この子が海外に旅立つのは、そう遠くないはず!!

これで、三重県記事終了です。

お次は、京都だー。

|

« おかげ横丁で再会。 | トップページ | おいでやす~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/34660054

この記事へのトラックバック一覧です: 床暖入ってますから:

« おかげ横丁で再会。 | トップページ | おいでやす~ »