« ジブリ美術館へ | トップページ | お伊勢様2 »

2010年5月 6日 (木)

お伊勢様へ。

実は、もう実家に戻って6日がたちます。
旅中になかなか記事が書けず、実家に戻るとやりたくない病に侵され、刻一刻と時間だけは過ぎていく日々を過ごしてました。

さっき、初shine畑仕事(畝づくり)をして腕がもうろうとしてるけど、頑張って書く気になりました。

なので、前回の続きから。

東京から夜行バスに乗り、翌朝着いた四日市から、電車で伊勢市に移動します。
電車の中では、独特の京都よりの言葉で話す方がちらほらお目見えして、西日本に来たなぁ・・・という実感がしました。

ここでは、アルゼンチンで会ったけんぽこさん夫婦と再会します。
お昼に会う予定だったので、それまで「日本のお伊勢様」に会いに行きます。

伊勢神宮には「外宮」と「内宮」の2つの見どころがあります。
まずは、「外宮」から。
まだ、9時くらいだったのでそんなに人はいませんでした。

118

中に入ると、今まで見た手水舎とはサイズが違うのに驚き。
ここから、貫禄丸出しでした。

119

これが、第一鳥居です。

120

ちょっとみすぼらしいけど、なかなか雰囲気があって私は好印象でした。

中にくぐると・・・

121

第二鳥居がお目見えしてきますよ。
枯葉が落ちていたので、管理人のおじさんたちが一生懸命掃いてました。

123

更に中に進んで、外宮で一番高い所にある「多賀宮、たかのみや」というところに向かいます。

この下には、「風宮、かぜのみや」や「土宮、つちのみや」などがありました。

そして、お次外宮で最もホットな場所、御正殿に向かいます。

124

鳥居の両端には立派な木が立っていました。
その向かいには、こんなものが。

125

近くで枯葉を集めていたおじさんに話を聞くと、式典があったときに、この場所にたくさんのお供え物が飾られるそうで、その中心になってる場所なんだとか・・・。
一応、パワースポットらしいです。よく意味が分からないけど、そういうことにしておきましょう。。。

伊勢神宮は、この外宮と内宮が少し離れた場所にあり、ここには内宮に祀られている天照大神(あまてらすおおみかみ)の食事を司っていた、豊受大神(とようけおおみかみ)が祀られているのだそうです。

うーん、神様の漢字が読めません・・・catface

では、お次は内宮に行きますよ~bus

|

« ジブリ美術館へ | トップページ | お伊勢様2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/34371215

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢様へ。:

« ジブリ美術館へ | トップページ | お伊勢様2 »