« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月15日 (木)

あれから1年

早いもので、世界一周に旅立ってから1年が過ぎてしまった。

9か月で周る予定がたった5カ月で終わってしまい、更にはブログも書かなくなり、すたれた状態になってしまってる。

面白そうとやってみた仕事も辞めて、17日からまた旅に出ます。

今回は、JAPAN!!

旅で知り合った人たちを頼りにして行こうと思います。

このブログも、閉鎖しようと思ってたけど辞めて、18日から始まる旅行記をちょっとずつ書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

只今、盛岡

こんばんは。

地元からバスに揺られて約3時間。
只今、岩手県県庁所在地の盛岡にきております。

外は、雪が降っていて寒い。
せっかく、良いところまで桜前線が来ていたっていうのに、これじゃあまた遠のいてしまうよ。

しかも、寒いのに食べた夕飯は「盛岡冷麺」

Photo_2

しかも、なぜかジブリメドレーが流れてました。なぜ!?

昔は嫌いだった冷麺。
以前付き合ってた人のおかげで食べれるようになりました。
ありがとう!!元彼よ。

ちなみに、冷麺と言えば「韓国冷麺」を思い浮かべる人もいますが、「盛岡冷麺」は全く別物だって知ってましたか?

主に、小麦粉と片栗粉で作られる冷麺ですが、「韓国冷麺」にはそば粉が入っております。

逆に「盛岡冷麺」には入ってないんですよ。
なので、あの独特なゴムのような食感があるんです。
そして、色も半透明なきれいな色をしております。

まだ、「韓国冷麺」は食べたことがないけれど、いつか本場に行って食べてみたいものです。

それでは、夜行バスでお次は日本の首都「東京」に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

浅草観光1

4月18日。今日は、お姉ちゃんの誕生日だというのに、私だけ良い思いしてます。

昨夜、盛岡から夜行バスで東京へ。
そのまま、宿に直行し荷物を預けて浅草観光へ繰り出しました。

11時に、私とは反対で世界一周してた金子君と再会するまで浅草付近をブラブラ。

すると、いま建設中のスカイツリー発見。
003_2

かなりデカイです。
2週間前に東京タワーを越したようで、今の状態でまだ半分。
残り半分が乗っかるとなると、相当の代物になりますwobbly

そして、浅草のメトロ入口を発見。
008

浅草らしい建物になっております。
しかも、目の前をナイスなタイミングで人力車が走ってくれました。

11時になったので、待ち合わせ場所の雷門前へ。

010

日曜ということもあって、すんごい数の人間がうろうろしてました。

ひさしぶりに金子君とも無事再会でき、いざ中へ。
南米話に盛り上がって&ものすごい人に流されながら、お土産屋を横目で流しながら浅草寺へ。
018

左側には五重塔。
そして、更に進むとよく見かける光景が・・・。

019

煙を悪い所につけると良いと言われてるこの香炉。
実は、この後に知るのですがもう一つ意味があって、香りをつけることによって、神様に気づいてもらうという意味もあるそうです。

いよいよ、本堂の中に入ってお賽銭を投げてきましたよ。

021

近くに、おみくじがあったので金子君と引いてみることに。

お金を入れて、番号の書かれた棒を引き、その番号の棚の中にあるおみくじを頂きます。
金子君は44番、私は7番を引いていざ、棚の中へ。

なんと、数字が7番でラッキーと思った矢先の結果がこちらです。
022

ええ、待ち人来ない「凶」ですcrying
ここ数年見たことない「凶」。
実は、「凶」(今日)から頑張れという意味が込められてるそうです。

ちなみに、金子君は「吉」でした。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

浅草観光2

おみくじで、すっかりやる気をなくした私。
確かに、今年は良いことがない・・・。

「凶」だけは、結んでOKということで、一番高い所に結んできました。
途中、紙切れたけど・・・。

本堂を出ると、何やら人だかりが・・・。
ちょいと覗いてみると、お猿さんんが芸をしていました。

023

意外とやる気なかった、この猿。
でも、頑張って注目を浴びていました。

お腹も減ってきたということで、どじょうを食べに行きました。
金子君と会う前に、さりげなく観光センターに行って情報収集していた私。

shineドジョウちゃんです。
029

感想はというと、ごぼうが土臭かった・・・。
味は、濃いめの甘じょっぱい感じで食べやすかったです。
お値段、1,600円なり。ご飯は、別料金です。

お腹も満足したので、浅草観光に戻ります。
私も、金子君も乗ったことがないということで、これまた初shine人力車です。

030

お目当ての人がいなかったので、今回は別の方にお願いしました。031

浅草に来ると、まず目に飛び込んでくるのが目の前の通称「うんち」。
人力車のお兄さんいわく、本当は聖火台らしいです。
でも、炎を縦にしたら危ないということで、横にしたんだとか。
でも、色的にも形的にもアレに似ていることから、地元では「うんち」と呼ばれてるそうです。

その左側にある建物が、キリンビールの会社らしく、建物がビールを表してるんです。
上のシルバーぽい所が泡部分。

更に、その隣には建設中のスカイツリーも見えます。
完成したら、また観光客が多くなりそう・・・。

人力車は、時間によって値段が変わります。
今回、頼んだコースは30分コース。

ごくごく一般的な浅草を周ってもらいました。
19歳からこの仕事をしているお兄さん。
京都出身で、ノリがとても良いです。
終始笑わせてくれました。

観光してると、奇妙なものが・・・。

038

予約済み。

聞くとこの場所、柱には著名人の写真が載ってる通りなんですが、ここには、ビート武さんが載る予定だそうです。
でも、恥ずかしいからこの世を去った時に載せるんだとか。
だから、予約済み。

観光はまだまだ続きますよ。
建物名前忘れました。でも、有名場所。

笑天でおなじみの方がここで舞台に立つんだそうです。
その前で、記念写真をぱちり。

ここには、欽ちゃんやたけしさんも立っていたらしく、そこでの恋話などを聞かせてくれました。この話は、感動しました。なので、教えません。
聞きたい方は、ぜひ人力車に乗ってください。

041

そして、浅草といったら「花やしき」。
思ったより、町中にあったのでびっくりです。
騒音で、近所から苦情とか来ないんでしょうか?

日本で最初の遊園地でもあり、日本で1番怖い遊園地です。
それはなぜかって?

042

これ、なんだかわかりますかね?
花やしきは場所的にも狭いため、1度工場で組み立てて、それを分解してまたここで組み立てたんだそうです。

なのに、工場ではすべてのパーツを使ったのに、花やしきで組み立てたら何故かボトルが1本余ってしまったんだとか・・・。
なので、この中にあるアトラクションのどれかは欠陥品で、今も元気に稼働してるんだとか。

いやぁ、スリル満点の花やしきです。

044

左が例の残ったボトル。

ここで、本来ならば30分コースは戻るんですが、お兄さんの戦略でもう30分頼むことにしました。

お次は、どんな願い事も一つだけなら叶えてくれるという神社に参ります。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草観光3

次なる観光はここ「待乳山聖天」(まつちやましょうてん)です。
この神社は東京で1番古い神社だそうです。

祀られてるのは十一面観世音とインドでも有名なガネーシャ。
この二人が、なんたらかんたらでそうなった訳ですよ。
すいません、一生懸命説明してくれたのに、あまり覚えてない。

049

でも、ふたつの神様が抱き合ったことから、ここは強力なパワーがあるようで、どんな願い事でも1つだけなら叶えてくれたり、恋愛成就でも有名なんだそうです。
神様が抱き合ったのシーンを、お兄さんが熱く実演中↓

046

中には、大根が(神様の大好物)祀られていました。
しかも、二股大根。

そして、お兄さんが最近見つけた素敵なアングルで写真をぱちり。
狛犬が吠えてるのがいい感じです。

047

近くでは、桜がわさわさ咲いてました。

050

次に向かったのが、招き猫の発祥の地「今戸神社」
ここも、パワースポットで有名らしいです。
黒ぶちが付いてるのが、オスだそうです。
お兄さん説明中↓

051

恋愛に効くということもあってか、女性ばっかりでした。
すごい時は、長蛇の列になるんだそうです。

ここの神主さんは女性だそうで、招き猫の絵は神主さんが書いてるんだとか。
多才ですですな。

052

しかもここの絵馬は変わっていて、丸いんです。
普通は5角形なんですが、それは「合格するように」という意味が込められてるのだそう。
ここのは、「縁(円)結び」ということもあって、丸いんだとか。
上手く出来たもんだ。

054

さらには、この神社のおみくじが面白いそうで相手の年齢とか、血液型が書かれてるそうです。
興味のある方は是非。

時間もそろそろ終わりに近づいてきて、最後は墨田公園を通って帰ります。
2週間前なら、桜が満開で綺麗でしたが、もう葉っぱしか残ってません。
残念。

055

あっという間の1時間でした。

お値段2人で15,000円とお高い買い物でしたが、それ以上に色々な話を聞かせてもらって満足です。
私と同い年の、お兄さん(大江さん)ありがとうございました。
ちなみにこの方近々、小樽のほうに異動になるそうで、もし小樽で人力車見かけたら是非、お願いしてあげてください。

観月ありさ 話が聞けるかもしれません。

059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草観光4

お兄さんと別れて、もうちょっとじっくり見てみたかった場所に戻ることにしました。

その中の一つ、「アンジェラス」というお店。
ここの喫茶店も古くて、その中でもお店の名前がついたケーキが美味しいと評判です。

実際、ほぼ満席状態でした。
早速、噂のケーキを食べてみることに。

060

アンジェラス1個320円。
中は、ロールケーキになってます。
しっとりした生地にバタークリームでデコレーションされてます。
懐かしい味でおいしかったです。

お次は、「浅草公会堂」へ。

061

ここでの見ものはこちら。
有名人の手形。
1番最初に出来たのは、写真の美空ひばりさんだそうです。
意外と小さいの。

065

その他にも、勝新太郎さんや円楽師匠など数々の有名人の手形がありました。

066

お次は、たぬき通りへ。
ここには、12体のたぬき像があります。
ひとつひとつ異なるお願い事を聞いてくれます。(最後は夫婦たぬきなので、お願い事自体は11個です)

076

夜は、ブラジルからコロンビアまで旅した男の子と再会する予定だったので、ここで金子君とはお別れです。

でも、来週もしかしたら大阪で偶然会うかもしれません。

1度宿にチェックインするために、吾妻橋を渡って帰ります。
みんなこの写真を撮ってました。
噂の「うんち」です。

088

夜は、渋谷でご飯を食べて近況報告をして終わりました。
なんか、恐ろしく眠たそうだったので。
しかも、写真撮るの忘れたし・・・。
また、いつか会いましょうA君。

ということで、浅草に戻ったのが夜の8時過ぎ。

ライトアップされてるのでは?と、思って行ってみたら大正解でした。
しかも、人が少なくて写真が撮りやすい。

089

ライトアップされた雷門も素敵です。
雷門の後ろ側。
実は、正式名所は風雷神門、略して「雷門」なんですよ。
あの、松下電器の社長が通ってたこともあり、お礼にこの門を立てたんだとか。
なので、提灯の下には松下電器と書いてます。

091

お土産屋さんは、さすがに閉まってましたが、シャッターにも下町っぽい絵が描かれていて、昼とは違った楽しみ方が出来ました。

お土産屋さんを通り抜けると宝蔵門が見えてきます。

094_2

両側には怖い顔した仁王様がいます。
その後ろには、でっかい草履が。
一応、仁王様のものらしい。

101

左側には、五重塔がライトアップされてました。

097

一人で歩いてたこともあり、写真をお願いされることが多かった。
夜の浅草も満喫したので、宿に帰りました。

その途中で見つけたメトロの入口。
提灯には、しっかりと浅草駅の文字が。

なかなか憎い演出するなぁと、感心しながらこの日は終了です。

111

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

神社めぐり

2日目は、気になっていた神社をめぐってみました。
まず最初に行ったのが、東京大神宮。

111

こちらは、縁結びの神社として有名なところです。
中に入ると、さすが女性客が多かったです。
でも、昼時ということもあってか、男性もちらほら椅子に座って休憩してました。

さっそく、お参りしておみくじを引くことに。

112

昨日よりは、運気が上がっていました。
良かった~confident

ただ、学問の所ずばり当たってますcatface

おみくじの種類も普通のやつから恋みくじ、縁みくじとあってその他にも、願い札というものがあって、女性を意識した神社になってました。

113

お次は、都市伝説で噂になってるあの神社へ。

その名も、大宮大神宮。
ここでお参りすると「小さなおじさん」を連れて帰るという、現象を大半の方がすると噂になっています。

117

鳥居をくぐると、長い参道が待ち受けていました。

ひっそりとしてるので、神聖な感じがむんむんです。

116

もうすぐ5月ということで、鯉のぼりが飾られていました。

ここにも、たくさんの絵馬があってちょっと拝見してみると、面白いお願い事が・・・。

「こうきゅうからあげたべたいです」

なんとも、かわいらしいお願い事です。
その他にも、「全てを手に入れて見せる」だとか、人間の欲を見て苦笑いしてました。

115

小さいおじさんは、さすがに見つけれませんでしたが、いつかたんすの中にでも入っていたらいいなぁと、ひそかに期待してこの日は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

ジブリ美術館へ

神社巡りをした後は、ちょっとのんびりしてました。

親戚のおばちゃんが埼玉にいるので、図々しく泊めてもらうことに。
朝の3時までおばちゃん夫婦と語り合いました。

翌日ものんびりとぶらぶらした後、チリとブラジルで会ったジャックさん宅にお世話になりました。
人みしりのお子様がいて、最初なかなか打ち解けてくれなかったのですが、徐々に慣れてくれたようで写真とか見せてくれました。

しかも、この日は奥様の誕生日ということで少しだけお手伝いを・・・。
後日、写真付きで喜びのメールを頂き、こっちまで幸せ分けていただきました。

そして、東京最終日。
この日は、行きたかったあの美術館へ。

そう「ジブリ美術館」notes
三鷹駅で小学校からの友達と待ち合わせていざ、出陣です。
しかし、この日の東京は寒かった。
しかも、雨降りsprinkle
最悪の天候です。

駅からバスの乗ってジブリ美術館の入り口まで行きます。
バスの中は、超満員bearing
(バス自体小さいので、当然ですが・・・)

最近ニュースでも取り上げられてる、中国人観光客もいました。

そして、到着ですshine
111

ちょっとだけ、屋上のロボット兵の頭が見えるのわかるかな?

誘導されて中に入ると、ステンドグラスの中にトトロが~happy02
残念ながら、館内は写真撮影禁止ですので、みなさんご自分の目で確かめてくださいませ。

ただ、唯一写真撮影OKな場所が・・・。
それが、ロボット兵のいる屋上です。
螺旋階段を上っていくと・・・
112

こちら意外とリアルで、後ろのほうに行くとですね、壊れたところから草が生えてたりするんです。
いやぁ、細かいところにもこだわっていてすごいです。

そして、もうひとつ。
113

わかりますかね?
こちらもラピュタに出てくるものです。

ムスカの「おぉ、読める」というセリフが出てしまいました。
ちゃんと、文字も彫っています。
(残念ながら、私は読めません・・・)

雨と、修学旅行生やらが来てたのでそそくさと退散しました。

館内には、他にもミニシアター(驚きの人が声優してました)や、仕事風景を再現したものなどすごかったです。
そして、かなり疲れます。
覚悟していってください。

そして帰りに忘れちゃいけないのがこちら。117

wobbly受付です。
下には、まっ黒くろすけがぎゅうぎゅうにいます。

116

本物の受け付けはきちんとありますので、お間違えのないようにお願いします。

その後、吉祥寺方面に行ってカフェ巡りをしました。

更にこの日の夜、東京から三重県へ夜行バスで移動です。
相当疲れてたみたいで、この日の夜は爆睡で三重県、四日市に着きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »