« フェニックスに戻ってきました。 | トップページ | サグラダファミリア »

2009年8月25日 (火)

アッパーアンテロープキャニオン

只今、スペインのバルセロナです。
今日1日中探して、ようやくネット使えるところ発見。
ただ、高いです。
1時間1、8ユーロ···。
まあ、仕方ない。
気合入れて書きます。

まずはアメリカ最終日から。

11時半からツアーに参加しました。
日本人もチラホラいます。
たまたま、車で隣になった家族と会話して、アメリカ高いねーって、言ってました。

ツアー会社から走ること20分。
砂まみれになりながら、たどり着きます。

ちょっと、アクシデントが···。
改行できないです。
いつもは、 写真の間に文章入れれるのですがこの、ネット屋無理そうです。
なんで、適当に写真をみてください。

アッパーは、その名の通り上を見上げながら歩いていきます。
そして、ここの名物が正午になると天然のスポットライトが降り注ぐことです。

これは、昼のツアーに参加しないと見れません。
というか、砂まで届かないです。

そして、やたら人が多い。
一応ガイドさんがつきますが 、先を超したりすると怒られます。
かといって、後ろに居ると次のガイドさんに怒られます。

ゆっくり、写真を撮れません。
なので、わたしはロウアーの方を勧めます。

あと、砂がすごいです。
人が多いうえに狭いので、ずっと砂が舞ってます。
いつ、カメラが壊れるか冷や冷やしてました。

あと、暗いです。
私のカメラではなかなか上手く撮れません。
光が少ないのでどうしても、暗くなってしまいます。

こんな感じでした。

Imagen_001

 

Imagen_003

Imagen_004

 

Imagen_006


Imagen_002


































       

















   







Imagen_005






                                                               

そのあと、また恐い思いしてフェニックスに着きました。

一応、無事にスペインまで来ましたが、たいへんでした。
というのも、4時半にダラス着4時50分搭乗開始だったのですが、フェニックスで1時間遅れ。
着いたのは5時半で、ダラス空港猛ダッシュです。

しかも、搭乗する場所まで遠いし。
途中モノレールみたいなのに乗らなきゃいけないし。
インフォメーションのおばちゃんが 一緒じゃなかったら完全アウトでした。

飛行機も待っててくれ、搭乗ゲートに着いた時拍手が···。
私の他にも7人くらい駆け込み、抱き合ってました。
飛行機に乗ってからもみなさんから拍手があり、こっちはそれどこじゃないよ ···と、げっそりしてました 。

そして、スペインへ、
メトロで移動してたら、さっそく 魔の手が。
ええ、やられました。
なんか、後ろぶつかったなぁ ···って思ってたら、バックのファスナーが開いてましたよ。

幸い、取られたのは薬が入ってたポーチだけでしたが、怖いです。
日本人は、よくヨーロッパでやられると聞きました。
油断しちゃうんです。
なので、速攻で全部カギ付けました。

一応、今のところ被害なしです。

話は代わり、明日からちょっくらフランスに行ってきます。
それと、ダリの美術館とか行ってきます。

本当は、サグラダファミリアの記事も書きたかったのですが、写真の間に記事入れれないと、説明がややこしくなるので 辞めます。

次のネット屋探さねば···。

サグラダファミリア、良かったです。
今日は、その他にもカサ·ミラや、カサ·バトリョー見てきました。

1つ1つじっくり見入ってしまい、予定が狂います。
ほかにも、沢山見たいとこあるのに。

ちょっと、沈没したい感じです。
それでは、また。

















|

« フェニックスに戻ってきました。 | トップページ | サグラダファミリア »

コメント

写真、まるでゲームの中のようですね。。。
いきたい。。

とうとうヨーロッパ入りですか!
そしてスペイン…。気をつけてください!
友達もスペインでやられてました!!

投稿: ぷらと | 2009年8月27日 (木) 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/31093055

この記事へのトラックバック一覧です: アッパーアンテロープキャニオン:

« フェニックスに戻ってきました。 | トップページ | サグラダファミリア »