« レンソイスマラニャンセス2 | トップページ | ベレンに着きました。 »

2009年7月 6日 (月)

サンルイスの町並み

南米なのにヨーロッパにきたような感覚をもってしまうサンルイスの町並みです。
ここは、ブラジルで唯一フランス人によって築かれたまちで世界遺産にも登録されてます。

まず最初に向かったのがまちの中心にあるカルモ教会。
中は、地元の方々がお祈りしてました。

Imagem_034

そして、次に向かったのがタイル博物館。
ガイドさんがつきっきりで説明してくれます。
写真を撮れる場所が1階だけなのですが、2階に0ドル紙幣と、昔のブラジル紙幣の0紙幣が展示されてました。
なんに使うんですかね?
ま、あっても使えませんがちょっと欲しい気もします。

Imagem_036

その、タイル博物館の近くではちょっとした催物がやってました。
この、馬さんたちの背中は全部刺繍とビーズが散りばめられてました。
1頭1頭違うので見応えあります。
これは、6月の半ばから下旬にかけて行われるブンバメウボイというお祭りで使われるようです。
残念ながらもう7月。
いつの間にか上半期が終わってました。

Imagem_037

その次に向かったのが市場です。
なかは、円形状になっていて目が廻りそうです。
サンルイスはエビが沢山とれるようであちらこちらで売られてます。
あと、テキーラもたくさん売られてました。

Imagem_038

と、正直1日いればお腹いっぱい な小さい街です。
北に行くほど奴隷制度があって、街の人は若干冷たい態度をすると言われましたが、わたしはあまり気にならなかったです。
まぁ、気付いてないだけでしょうが。

それと、サンルイス土日になると店がお休みになるので結構不便です。
スーパーとかもないし。
物価は比較的安いので外食したほうが良いかと思います。

そして、今夜ベレンという街に向かいます。
ここはアマゾンの入り口的な感じで行く人が多いです。
多分、5日かけてアマゾン川を船で上るとおもいます。
そのあと、南米最後の地ベネズエラに行くのですが、かなり面倒臭い。
予定としては
1、サンルイスからベレンまでバスで12時間
2、ベレンからマナウスまで船で5日
3、マナウスからボアビスタまでバスで15時間
4、ボアビスタからブラジルの国境BV8を通り、ベネズエラの国境サンタエレナまでバスで約5時間
5、サンタエレナからシウダーボリバルまでバスで11時間
6、シウダーボリバルで2泊3日のエンジェルフォールツアーを組む
7、シウダーボリバルからベネズエラの首都カラカスまで飛行機で2時間
8、カラカスから北米にようやく飛行機で飛ぶ

という、えらい長い道をへて行きたいと思います。
というのも、カラカスの治安が悪くてなるべく 近づかない方がいいと散々(会う人会う人)皆から言われてたので、このようなややこしいルートになりました 。
実際、イースター島を一緒に回ったミホコさんがこのルートで無事何事もなく帰還できてるので、まねっこします。
多分、うまくいけば2週間くらい。
なので、更新が途絶えると思います。

それと、皆さんはポロロッカを知ってますかね?
川が逆流するという自然現象がベレンで見れるかもしれないです。
とりあえず、ベレンで情報収集しないといけないし、2の船で行くのが毎週火曜日しかでてないみたいなので ちょっと長居すると思います。

あと、もうお気付きでしょうが北アメリカ見てる時間がございません 。
一応、THE WAVEだけは見たいなぁっていう感じで1週間粘る予定ですが、あそこはホントに運しだいなので無理だったら諦めます。

それでは、次はベレンから更新できるかな?

|

« レンソイスマラニャンセス2 | トップページ | ベレンに着きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185461/30396579

この記事へのトラックバック一覧です: サンルイスの町並み:

« レンソイスマラニャンセス2 | トップページ | ベレンに着きました。 »