« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月 4日 (月)

遅れました。

アップできなくて、すみません。
ようやく、落ち着きました。

今、チリのビーニャ・デル・マルという、サンディアゴから北に約2時間行ったところの町にいます。

お気づきでしょうが、ボリビアを通過しました。
ウユニ塩湖2泊3日のツア-に行ってたのと、移動でブログをアップできませんでした。
ゴメンナサイ。

6日にイースター島に行くので、それまではここでのんびりします。

それでは、28日からの事をアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国境越え

14時ごろ、マチュピチュ村を出ました。
クスコに戻ったのは、夜の18時ごろ。(だったはず)

チケットを取りに行くまで時間があったので、ひとまずご飯を食べました。
19時半頃、チケットを取りに行くと、
「友達が取りに行ってるから、9時ごろ来て」
と言われ、内心不安になりながら、ネット屋で時間つぶししてました。

21時になったので、取りに行くとちゃんとチケットがあり、バスターミナルへ行きました。

トイレが汚かったけど、マズマズのバスでボリビア、ラパスへ。

ボリビアは寒い&治安が悪いと聞いてたので、バックパックも総完備。
私も、いっぱい着込みました。

翌朝、7時ごろバスが止まって、皆外へ。
のんきにチョコ食ってたら、運転手にパスポート見せろと言われ、見せたら降りろの合図。
何が何だかわかんなくて、ついてったらそう、国境越えでした。

しかも、やたらいるし。
そして、寒い。岩手で言うと1月くらいでしょうか?
吐く息が白いです。

何だかんだで、2時間くらいかかり、バスは動き出してラパスに着きました。

クスコを出てから、14時間で、到着。

その後、宿に行き爆睡。

お腹が減ったので、町に出て屋台で適当に食べ、宿に戻ると、クスコで一緒だったユウジさん発見。

ウユニ二一緒に行くことに決めて、お勧めのカフェにユウジさんと、リョウタさんと3人で行きました。
008













こちらが、そのケーキ。
イチゴが乗ってないほうが上手かったです。

こうやって、ボリビア1日目過ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウユニへ

ラパス2日目。
朝から、ユウジさんとウユニ行きのバスチケットを求めにターミナルへ。
19時発だったので、月の谷と呼ばれるところへ観光しに行きました。
010












013_2












日差しが強かったので、かなり熱く感じました。

その後、防寒対策として靴下、手袋、フリースをゲット。
これなかったら、死んでます。

時間になったので、バスターミナルへ。
一応、毛布があったのですが、それでも寒かったです。
私自身、上5枚下2枚靴下2枚という、日本じゃ考えられないくらい着て挑んだのに、それでも寒かったです。

皆さん、気をつけましょう。

翌朝6時ごろにはウユニにつき、日本人男性1人を確保。
彼いわく、気温は4度でした。

その後、外人2人を確保し、穂高岳というツアー会社で、2泊3日のウユニ塩湖ツアーに参加しました。

出発が、11時ごろだったので朝食と出国手続きを済ませました。
メンバーは私と、クスコから知ってるユウジさん、朝捕まえたコウジさん、アイスランドかアイルランドのジョン、多分ギリシャのユリ、フランスのマフューの6人でウユニを周りました。

出発して15分くらい…
列車の墓場到着です。
017














021























ちなみに、女性は私1だけです。

もう、使えなくなった列車がゴロゴロいます。
奥にあるほうが年代ものだとか。

そして、さらに車を走らせると…

次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉は要らないのよ

タイトルの通り、あまり書きません。
タダ単に疲れたのもあるけど。

車で走ること数十分。
塩湖の入り口にある土産屋さんと、製塩場所に着きました。

思ったより、さらさらです。
1度、乾燥させてから粉末にするようです。

更に走ると、徐々に見えてきます。
後は、それぞれ感じてください。
025











1個が意外と大きいです。
026












027











日本車すごいです。
ちなみに、トヨタです。
028











顔がいまいち分かりませんが、左から
ユウジ、コウジ、アキコ、ユリ、マフュー、ジョンです。
029











塩のホテルです。
030











内装です。
全部塩です。

031












魚の島です。
サボテンでかいです。そして、はえすぎです。
ここで、昼食を食べて、フリータイムです。
035











036












041











037












空が青いです。
040























043











他にも、色々あったのですが、違う方のカメラで撮影したので、メールで送られてきたら載せたいと思います。

乾期でも、やっぱりキレイです。
次は、雨季に来るぞ。

その後、塩湖の外れの塩のホテルに泊まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウユニツアー2泊目

皆さん、朝日をみる為に早起きです。
街灯が無いので、夜は、星がきれいでしたよ。

それでは、朝日を堪能してください。
044







045








046








047







来たーshine
048








自然のグラデーションは圧倒されます。

2泊目は、ほとんど湖を見ましたが、体調悪くて車の中では死んでました。
湖もいまいちだったし。

でも最後はすごかった。
053







自然にこんなものが出来ちゃいます。
054







キノコを食べて大きくなりましょう

061



















2泊目の宿は、湖の近くでしたが、寒い。
こんなに寒いのに暖房機器が無いのがすごいです。

コレで、2日目終了です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最終日

最終日の朝は早い。
5時半出発で、間欠泉へむかいます。

064




















凍えた身体には、最高にあったかいです。
そして、保湿もできます。
が、調子こくとあとで一気に寒くなるので気をつけましょう。

このほかにも、広範囲で出てるのもあります。

そして、旅を締めくくるにはやっぱり温泉
068








かなり良い温度です。
深さも、ちょうど良いです。
067







気持ちよさそうです。
海外の方も温泉好きみたいです。

このあと、ご飯を食べてウユニに戻る人たちと、チリに抜ける人たちと別れました。

えっと、さすがに疲れましたので、ここで勘弁してください。
それでは、おやすみなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

わかりません

コメントで、空白が多いと言われて見てみると、あらホント。

確かに、多いです。

色々試しましたが、原因が分かりません。

パソコンの設定でしょうか?

それとも、私の腕でしょうか?

多分、後者の方です。

日本でさえ使いこなせてないのに、海外で出来るわけございません。

ゴメンナサイ、

頑張って読んでください。

今日は、天気が良かったので宿の人たちと海岸沿いを走ってみました。

013_3

みなさん、走る気満々です。

ちょっと光りの角度のせいで、顔が見えませんが…

やはり、海風は気持ちいいです。

でも、あまり潮の匂いがしないな。

014_2

012_3

私は、すぐ帰ってきましたが、皆さんは遠くまで行ったようです。

若いって、素晴らしい。

それと、豚インフルのせいでメキシコ入れないようです。

あと、アルゼンチンの手の洞窟も4月15日で閉まったようで入れないそうです。

しょうがないですね、今オフシーズンですから。

それでは、また

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

朝市へ

明日イースター島に行く人が、なんとこの宿から5人います。
今日行った人も入れると6人です。

5月6日のフライトが安かったらしい。
多分、かなりの日本人が明日イースターに行くことでしょう。

ということで、今夜の晩飯は豪華(いつもですが)になるはず。
そのための、食材を買いに魚市場へ行ってきました。

016











こちらは、外で主に魚が買えます。

015























こちらは、ホヤ。
日本より厚さはなく、バカデカイです。

そして、やたら赤い。
でも、お味は美味いです。

日本のと大差ないです。

017












今度は、イカ。
でか過ぎです。

中の方では貝類が売ってあって、こんなもの見つけました。
分かるかな?

正解は、サメです。

019












硬いのかな?と思いましたが、案外柔らかいです。
切り身も、キレイな白身でした。

020













こちらは、中です。
今日は、いつもより少ないそうです。

ここで、ウニとホタテ食べました。
ウニは、日本が美味いかな?
味が、薄いです。

でも、ホタテはめちゃくちゃ美味い。
小ぶりなんですが、貝ひもが最高でした。

そうそう、チリの値段言ってないですね。
正直、高いです。
そして、通貨がややこしい。

1ドル570チリペソです。
ほたて6個で1000ペソですので、約200円くらい。

海産物はまだいいです。
ソーセージとかハム(品質は高い)は6000ペソくらいします。
日本円で1000円くらい。
量なんか、5枚くらいですよ。
ビックリデス。

あと、ミルクの賞味期限が半年後です。
噂には聞いてましたが、こちらの品質保持はどうなってるのか知りたいです。
しかも、普通に棚に並んでます。
冷蔵庫じゃありません。

でも、コレより高いイースター島。
軽くパンとフルーツと塩、胡椒、醤油買っていきます。

後は外食で…。
どうせ1週間だし。

それと、多分タヒチやめます。
ちょっと、2週間で3カ国周ってるのでのんびりしたいです。

気が変わったら行きます。

それでは、また更新できないと思います。
イースターにネットがあるか分からないので。

そのあと、アルゼンチンに移動なので下手したら10日くらい出来ないと思います。

さようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

サンディアゴに帰って来ました

イースター島から戻ってきて、只今サンディアゴにいます。
今回は、外人の多いユースホステルです。
ネットが無料で使えるのがありがたい。
ただ、日本語を打つのにソフトをいれないといけないようで、ちょっと戸惑い気味に使っております。

話は変わって、タヒチに行こうかと思ったのですがやめました。
相場を知らなかったので、3万くらいで行けるかな?と思ったのですが、ラン航空で聞いたところ6万すると言われ断念。

でも、6万って安いんだそうです。

さっき、サンディアゴ空港で日本人の方に聞いたら、ニュージーランドとかオーストラリアから周遊券を
買って入った方が安いという情報を聞きました。

これは、新婚旅行に取っておきます。
行けるかしら?

ここには、2日泊まって14日の12時30分の飛行機で、南にあるプンタアレナスという街に行きます。
18時ごろについて、夜行バスでアルゼンチンのウシュアイアに行きます。

それでは、今日は寝ます。

イースターについては明日ゆっくりと書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

イースター島1日目

前から泊まってる日本人の子たちの情報を参考にして、イースターを周ることにしましたrvcar

1日目は、とりあえず宿の周りか歩いて行ける範囲で行動します。

ビーニャの宿で同じ部屋だったみほこさんと一緒です。

ところが、ゆったりとした島時間にやられ、予定より2時間ほど遅れてようやく出発。

まずは、イースターの歴史を勉強しに博物館へ。
が、午前は12時半までしかやってないのに途中気付き、引返しご飯を食べてから再度行ってみました。

その途中で、郵便局に立ち寄りスタンプゲットです。
Nz_103_2

4つのスタンプついてもらうのに500ペソ。
約100円かかります。

そして、いよいよ博物館へ。
Nz_104

ここでは、どうやってモアイは作られたのか勉強できます。
しかも、日本語訳の冊子つき。

ここで、1番見たかったのはロンゴロンゴ。

Nz_105

Nz_107

これは、もう解読できる人が殺されてしまったので今では、誰もできないのだとか。
しかも、読むのにも上1行よんだら180度ひっくり返して、1行読む。
これを繰り返すのだとか。
めんどくさい事したな〜と、思いながら見つめてみました。

帰りは、その近くにあるタハイ遺跡へ。
ここは、夕日ポイントらしく目のついてるモアイちゃんがおります。

Nz_137

意外と、でかいです。

その日は天気も良かったので、きれいな夕日が見れました。

Nz_110

Nz_111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースター島2日目

今は、予定通りに出発。

昨日、予約してたモアイチョコを受け取りに&デザートを食べに行きました。

Nz_112

ぐふっ、かわいいheart01

 

Nz_113

デザートは意外とおしゃれです。
上が、フルーツサラダ。

Nz_114

こっちは、クレープ。
ちょっと生地が厚め。

そして、いよいよ車を借りて出発します。
ミホコさん、緊張の運転です。
このあと、私も運転しましたが久しぶりにマニュアルを運転できて楽しかったです。
あ、多分ぶつけてないです

Nz_115

そして。到着。
アナケナビーチにたつ、プカオを載せたモアイです。

Nz_117

ここで、ひと泳ぎしました。
寒かったです。

持ってきたおにぎりを食べて、お次はパワーストーンへ。
さわると、パワーが得られるそうです。

 

Nz_119

次は、日本企業が助けた15体のモアイへ

Nz_120

圧巻ですね。

この近くにある、ラノララクにも行きました。
ここは、いわゆる製造工場。

Nz_122

背くらべです。
完全に負けてます。

Nz_136

Nz_127

お座りモアイです。
行儀が宜しいことです。

Nz_126

こちらは、夕日スポットのアフアキビ。
この頃には、風も冷たくてさっと見て帰りました。

Nz_128

レンタカーが、24時間なので翌朝は朝日を見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースター島3日目

今日は、朝日を見に5時半起きです。
さラットご飯を食べて、暗やみを走ります。
ちょっと、天気が悪い。

Nz_129

やはり、雲が多いです。

昼前には車を返さないといけないので、どんどん行っちゃいます。

ここは、アナカイ·タンガタ。
別名、食人洞窟と呼ばれてる通り、昔戦いで敗れた人を儀式として食べてたらしい。

ただでさえ、曇天気&風強くて無気味なのに、ここはほんとにちょっと怖かった。

Nz_133

天井に鳥の絵が書いてますが、いまいち?って感じです。

Nz_131

お次は、ラノカウというところに行きます。
これは、火口湖です。
晴れてると、青く見えるようで、きれいなんだって。

私の時は、雨降ってきて、風も強くなってました。

Nz_134

ラノカウからは、この3つの島が見えます。
後は、海しかないです。

手前の岩には鳥人の模様がついてるんですが、もう薄くて期待していったのにがっかりポイントでした。

Nz_135

無事に車を返却し、残りの2日はのんびり島時間を堪能しましたよ。
釣りにも行ったし、海の近くにアイス屋さんがあるのですが、うまかったです。
ちょっと、宿の姉さんが怒り気味なので早々と書いてしまいました。
すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースター島4日目

5月12日、
イースターを去る日が来てしまいました。

ここイースターで変な虫に刺されたわたし。
免疫がないので酷いことになってます。

こちらは、空港です。
鳥人伝説をモチーフにしたものが立ってます。

Nz_139

上から見たイースターです。
実は、三角計になってるんですよ。
たまたまなんでしょうが、不思議感たっぷりです

Nz_140

無事に、サンチャゴにつき保険でタダで医者に体を見せたところ、即注射をされました。
しかも、おしり。

まさか、こんなに早く保険を使うとは思ってもみず、更にはおしりを出すはめになるとはcrying

と、今回も足早に書いてしまいました。

今日、14日ですがまた移動します。
お昼の便で南のプンタアレナスというところに飛行機で飛び、そこから上手く夜行がでてればそれで、アルゼンチンのウシュアイアという、南米最南の地にいきます。

今は、雪降ってるそうなのでまた、防寒対策して行きます。

それでは、さようなら。


追伸
虫は、南京虫らしいです。
今、世界的に流行ってるみたいです。
そのうち、日本にも上陸するかもね。
怖いぞ〜shock

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

アルゼンチン、パタゴニア

ちょっとずつですが、カテゴリーの分別してるのでご迷惑おかけします。

5月16日。無事にアルゼンチン、ウシュアイアにつきました。
バックパッカーなら、知ってると思いますが上野山荘に泊まってます。

サンチャゴから飛行機でプンタアレナスまで飛び、夜行バスでウシュアイアに行きたかったのですが、今はオフシーズン。
月。水。金の週3しか出てないといわれました。
次の日が金曜日だったのでアレナスで一泊し、翌朝13時間かけて世界最南端の街に辿りつきました。

以前、南米最南端と書きましたが、世界最南端だそうです。
南極までは1000きキロないらしい。
ここまでくると、やっぱり行ってみたくなりますね、南極。
残念ながら、シーズンではないのでいけませんが。

ちょうど、日本を出てから1カ月。
早いです。

何もない、パタゴニアの大地をみながら、この1カ月を自分なりに振り返ってました。

やっぱり、旅に出てよかったと思います。
ご飯が食べれる幸せだとか、手で洗濯する大変さとか、日本では当たり前だと思ってたことが、海外ではありがたく感じてしまいます。
いろんな人に助けてもらいながら、ここまで来れました。

そして上野山荘にある、上野家の真実というノートがるのですが、今は亡きおじいちゃんの語録がこころに染みます。
これは、泣きました。あたし。
ブログで紹介しようと思いましたが、やめます。
というのも、ここまで来れた人だけの特権にしたい。
簡単に教えたくないです、ノートの内容。
性格悪いな、あたし。
見たい人は、ぜひウシュアイアまで来てください。
それくらいの価値はあるとおもいます。
あたしだけかな?

写真ですが、一応証拠としてスタンプと証明書もらったのでのせておきます。
Blog0733

Blog0732

これは、移動中のバスからとりましたパタゴニアの大地です。
風が強いので、地面に這うようにしか植物は育たないようで、こんな景色が延々続きます。

周りに何もないと、雑念が消えてくかんじがして、気持ちがいいです。
やっぱり、自然にはかないません。

Blog0675

ちょっと、離れているのでなかなか更新しません。
やどで、ぬくぬく過ごします。

肉が安いので、デブ街道まっしぐらです。
それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

ウシュアイアに滞在延期します。

ウシュアイアにきて、1週間経ちましたが、もう1週間いようと思います。
たいして、今の時期見所のない田舎町で、何してるかというと、ケーキ作ってます。

日本では多分売られてない、ロールケーキようの薄いスポンジを発見したことにより、わたしの創作意欲がむくむくと出てきましたよ。
いやぁ、これは使える。
日本でも売ってくれればいいのに。
それと、日本にもあるキットタイプのやつも試してみたい。
種類も多いので、ほぼ毎日何かしら作ってます。
最初はこちら。
ジャムをぬって巻いて、それを1センチ幅に切りボウルに敷き詰めました。
なかには、イチゴクリームとバナナ入ってます。

Imagen_001_2

お次はこちら、
みんなで食べてる写真に切った状態のやつが見れると思いますが、ロールケーキ応用です。
今回はココア生地を使用です。
中には、クリームとバナナと洋梨入れてます。
表面のキャラメルみたいなのは、南米では定番のクレーム デ レチェ(だったはず)。
ミルククリームです、早い話。でも、くどくないの。
それを、生クリームでのばしてかけてみました。

Imagen_002

Imagen_003

いま、宿には5人しかいません。
左からヒロシさん、ヒロミさん、ケンポコさん、あやこおばあちゃんです。
ヒロミさん、ケンポコさんは夫婦で2年半ちかく海外を旅してる強者です。
いまは、上野山荘で管理人として住んでます。

と、まぁこんなことをやってました。
近くには、大きなスーパーがあるので(といっても、歩いて30分ほどかかる)わざわざ、町中まででてこなくても買える。
ちなみに、今いるネット屋さんは町中で、ここまでバスに乗らないと厳しいです。
歩いてもこれるけど、今の次期道路が所々凍ってて怖いです。
なので、また1週間こもりますので、更新期待しないでください。
29日は朝5時からバスでリオガジェコスにいき、そこで乗り換えてエルカラファテまで移動します。
着くのは、予定だと24時半なのでまた、移動に1日かかります。
南米は広いことを、改めて感じますよ。

なので、また来週お会いしましょう。

PS
ボリビアで撮ってもらった写真載せておきます。

Bolivia1

Bolivia2

Bolivia3

Bolivia5

Bolivia8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

カラファテに着きました。

今日の午前1時ごろに、無事エルカラファテに着きました。
只今、藤旅館というところにお世話になってます。
オーナーの方は、オフシーズンということもあり不在で、25歳のリュウタロウさんという方が管理人としています。

ココに来るまでに、リオガジェゴスというところを経由したのですが、その駅で韓国人の女の子と会い、一緒に藤まで来ました。
明日の、ロスグラシアレスも一緒に行動します。

とりあえず、ウシュアイアでのこと書いておきます。

13日の滞在で、作ったおかしの個数はなんと12種類。
これじゃあ、太るよpig
その他にも、街で買ったり食べたりしたのも入れると・・・恐ろしい数になります。
では、作ったケーキの数々をご覧ください。

Imagen_005_2

レアチーズケーキです。
上はラズベリーのゼリーみたいなのがのっております。

市販の素(日本で言うクールン?みたいなやつで)作りました。
ポイントは、叩きつけるように混ぜることです。
直訳すると、こういう意味らしい。
日本じゃ、そんな作り方しません。でも、そうしないと固まらないようです。

その失敗例がこちら。

Imagen_006

 

はい、グダグダです。

冷蔵庫に

何時間入れても固まりませんでした。
海外で作るときは、叩きつけるように混ぜてください。

お次は、ケンポコさんリクエストのチョコレートケーキ。
上には、焼いたバナナをのせてちょっと大人っぽくブランデーを効かせてみました。

Imagen_008

お次は、アップルパイ。
左が焼きりんご、右が煮りんごバージョンです。
こっちでは、パイシートがなくてキッシュ用の甘くない生地を使用しました。

Imagen_009

次は、普通にショートケーキです。
中には、イチゴクリームを挟んで表にホワイトチョコレートをかけました。
でも、冷やしてる途中で切れ目が・・・。
不吉な予感です。

Imagen_010

お次は、あやこさん監修のお饅頭です。
しかも、あんこから作りました。
こっちの小麦粉で、ふくらし粉がすでに入ったやつが売られています。
今回はそれを使いました。
ポイントは、混ぜすぎないこと。
最初、混ぜすぎで冷めたときにしぼんでしまいました。
あんこが残ってたので、2回目ヒロミさんが作ったら、きれいに出来上がりました。
なんでも、やりすぎは禁物らしいです。

Imagen_015

あやこさんに見守られながら、あんこを包みます。

Imagen_014

最終日は3種類作りました。
まず1つ目は、スイートポテト。
でも、日本のように甘くないです。
なので、甘味とコクを出すためにカスタードを加えてみました。
やっぱり、焼き上がりはうまいです。

Imagen_017

2つ目は、好評だったチョコレートケーキです。
本当は、カスタードを中に挟んで表面をチョコクリームにしようとしたんですが、忘れてました。なので、表面に無理やり塗ってフォークで筋をつけました。
飾りのチョコはヒロミさんアイディアです。

Imagen_018

3つ目は、和洋折衷です。
お饅頭で残ったあんこを生クリームと合わせて、ロールケーキにしました。
表面は、残ってたホワイトチョコレートをかけてます。

Imagen_019

最後の夕食は、リクエストで肉じゃがを作ってもらいました。
しかも、お吸い物・焼きなす付き。
やはり、日本食食べると心が落ち着きます。

こんな日々を過ごしてたので、みんな体重が増えたようです。
あやこさんも、こんなに短期間でケーキ食べたことがないって言ってました。

あ~おじいちゃんにも食べさせてあげたかったな。
それが心残りですが、あやこさんに『また来てね』と言われたので、次はもっと腕を磨いておこうと思います。
それまで、どうかお元気で居てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウシュアイア

前の記事に引き続きケーキの話から。

ヒロミさんオススメの『タンテサラ』という店に行ってみました。
写真を撮ってもいいか尋ねると、
Imagen_002

ノリノリです。

店員さんがとても陽気で、いい接客をします。
本当は、もう1店舗同じ通りにありますが、こっちの方がスタッフの感じは良かったかな?
どちらのお店も賑わってます。

そして、数ある中で選んだケーキがこちら。

Imagen_004

イチゴムースとチーズケーキです。
ムースはかなりうまいです。
ちょっと感動しました。
ただ、チーズケーキは上のラズベリーの味が強くてチーズの味が感じません。
ちょっと、残念。

そして、やはりアルゼンチン。
高いです。
ケーキ1つ13ペソ。約400円くらいです。
行く方は、覚悟して行ってください。

お次は、アイスクリーム屋さんで食べた『クロカンテ・デ・マニー』
りんごのタルトです。

Imagen_016

シナモン苦手なんですが、ココのはきつくなくてウマかったです。
こちらは、7ペソ。約200円。う~ん、やっぱり高いですな。

このほかにも、チョコレートやパイなど食べました。
なので、ここカラファテでは体の節約をしたいと思います。

続いて、上野山荘です。
Imagen_001

一体何人の方が訪れたんでしょう。
情報ノートのほかに、思い出ノートがあるのですが、皆さん2週間くらい滞在してるようです。
それだけ、居心地がいいんですよ。
現に、わたしも長居した1人ですから。
そして、ここの看板娘トゥルーチャ。

Imagen_022

ご飯食べてると、ひざの上に顔を乗せて上目づかいでおねだりしてきます。
しかも、にんじん嫌いでお肉大好き。
美味しいやつじゃないと食べてくれないという、姫っぷり。
もちろん、ドックフードなんか食べません。
あやこさんがバランスを考えて、野菜中心のごはんをあげてるようです。

そして、最後にみんなで記念撮影。

この1週間の間に2人男性が加わりました。
Imagen_020

ほんと、皆さんにはお世話になりました。
平和ボケで旅を再開するのが若干恐いですが、これから南米を北上していきます。

それでは、また明日。
明日は、氷河の上をトレッキングして、氷河入りウィスキーを飲んできたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »